今週火曜日(12月22日)は、29回目のシステムD研究会です。あと3つのお席をご用意可能です。関心のある方は、ぜひご参加ください。お待ちしております。

『システムD研究会』第29回オープン・ミーティング(12月22日@渋谷)
★第29回テーマ:「ワーキング・クライシスをぶっ飛ばせ!」
https://www.facebook.com/events/506299156217714

ソフトウェアやロボットなどのテクノロジー開発は、仕事の効率を10%向上させるものではなく、効率を10倍良くするものになる。あなたの生活は今よりも劇的に良くなり、生活にかかるコストも信じられないほど安くなるはずだ。

一方、テクノロジーが発展すればするほど、人間が物理的に行う仕事は加速度的に消滅していく。オックスフォード大学の調べでは、現在人間が行っている47%の仕事が20年以内に機械によって代行されると報告している。また、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツは、人々にしっかりと来るべき未来を意識するようにと警告している。

「ソフトウェアが運転手やウエイター、そして看護師の代行をするため、仕事の需要がどんどん減っていくだろう。特に大したスキルを必要としない仕事は次の20年でどんどん少なくなる。だけど、まだ誰も心の準備ができていないように感じます」 (ビル・ゲイツ)

グーグルCEOのラリー・ペイジは、テクノロジーが仕事を奪うことは、人々から生きる意味を奪ったり、民主主義の崩壊に繋がるかもしれないと考えながらも、効率を上げられるのに、それをしないのは罪同然だとして、検索エンジンで得た巨額のお金をどんどん投資していく考えだ。

「コンピューターが数多くの仕事をするようになる。これは私たちが “仕事をする” という考えを大きく変えることになるだろう。あなたはこんな現実は嫌だと思うかもしれないけど、これは必ず起こることなんだ。」(ラリー・ペイジ)

想像してみよう。あなたの仕事はどうか。ロボットや機械と競争をして勝てる自信があるか。無ければ、ゲイツ氏やペイジ氏が言うように、

「20年後、あなたが望もうが、望むまいが現在の仕事のほとんどが機械によって代行される」

このことを恐れおののくか、チャンスと捉えるかはあなた次第。

今回のシステムD研究会では、「ワーキング・クライシスをぶっ飛ばせ!」とし、20年後の世界に自分はどうしているか、どうしていたいかを議論し合う。

[ScienceNews] ロボットと社会 ~共存の道はどこに?(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=g2pzOmaDAww

■日時:2015年12月22日(火曜日)19時~21時(18時50分より 受付開始) ※祝日の前夜

 【スケジュールイメージ】
  ・19時~19時10分(10分)オープニング
  〔「システムD」情報共有タイム〕
  ・19時10分~19時40分(30分)メンバープレゼンテーション
  ・19時40分~20時10分(30分)VTR視聴など
  ・20時10分~20時50分(40分)今回テーマについての議論
  ・20時50分~21時 クローズ

■開催場所:
渋谷区宇田川町6-20 パークアクシス渋谷神南1階会議室
【会場地図】http://www.mitsui-chintai.co.jp/resident/original/pax_shibuyajinnan/area.html
※各線「渋谷駅」より徒歩6分
※ビル入口を開錠しますので、到着後にケータイに連絡下さい。
  090-6162-6847(藤井)

■定員:6名限定

■会費:1,500円(場所代などの経費として)

■参加条件:
・知識や経験などは一切求めておりません。世のため人のために何かしたいと考えている方。

■申込方法(重要):
 ・当ページより「参加」表明して下さい。
  https://www.facebook.com/events/506299156217714

※当日のキャンセルは会場や準備の都合状、ご法度でお願いします。

■主催・運営:カングロ株式会社 http://www.kanglocorp.com/
 協賛:Kanglo Nigeria (Lagos)
 協力:オフィス夢美、B90 Project、Project Z、Innovation Salon Z

Fea763a0 beb5 433f a58f 136757a2580f

Page top icon