2015年は1月と6月、11月にザッポス本社を訪れました。多くの課題を抱えながらも前に進むトニーを始めとするザッポニアンたちの姿勢は、「変化を受け入れ,その原動力となれ」という彼らが大切にするコアバリューを粛々と実践していることに繋がっています。今回のホラクラシーへのチャレンジは、近いうちに大きな原動力となって表れることと思います。https://www.facebook.com/c.zappos.japan

Page top icon