恩師に敢えて反論を表明します。現代社会の歪みの根源は、不必要な比較や競争です。本当の人生の目的とは何なのでしょうか。どれだけカネを儲けたかとか、有名大学を卒業したかとか、大会社に就職できたとか、そんなことが本当に人生の役割や目的なのでしょうか。教育の現場がどれだけ酷いことになっているのかご存じでしょうか。夢や可能性に満ちた子供たちに向かって、競争に勝ち抜くことが全てだと考える未熟な教師が、「偏差値を高めろ!そうでないとろくでもない大学にしか入れず、ろくでもない会社に就職することになり人生落ちぶれるぞ」と叱咤し、びくつく子供たちの姿が透けて見えませんか。小笹氏は「世の中優秀であることが大事」という意味合いのことを仰れていますが、誰にとっての「優秀」なのでしょうか。私には、企業の利益をたたき出すための「優秀な道具」としか聞こえてきません。人としてもっとも大切なことは、高い点数を取ることや企業の利益に貢献することなのでしょうか。本当にそうでしょうか。もはやそのような時代ではないことを、小笹氏のような指導者的リーダーが意識を変え、社会の在り方を変革して頂きたいと、切に願う次第です。藤井利幸

【小笹芳央】採用において、学歴こそ「最高のフィルター」だ
https://newspicks.com/news/1412211/body/?ref=pickstream_1275319

Page top icon