Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

キッズ時計(キッズ・ベビーモデルオーディション撮影会)
スリーピングニューボーンフォト(新生児撮影)
【事業内容】 ・キッズ時計クラブ(キッズ・ベビーモデルオーディションサイト)の運営。スマホから登録しエントリーすると会員登録できるサービス ・キッズ時計などを活用した各種プロモーションの企画・立案 ・キッズ、ベビーモデル、タレントのキャスティング ・新生児写真撮影、家族写真撮影 ・Web戦略の企画、立案 ・Webコンサルティング ・ホームページの企画、設計、制作、運用 ・雑誌制作・出版。毎月、雑誌を1万部発行中 -------------------------------------------------------- 【各事業の特徵】 ■キッズ時計/ベビー時計事業■ ・トイザらス・ベビーザらスやファッション雑誌「VOGUE ITALY」「VOGUE RUSSIA」等と協業し、「モデルになりたい子ども」が参加する企画や、家族でプロのカメラマンに撮影してもらうファミリーイベントなど、ワクワクできる家族の思い出づくりイベントを開催。 ・1分ごとに可愛いキッズモデル/ベビーモデルが時刻を知らせてくれるウェブコンテンツ。  (ベビー時計は、0〜2才までのベビー限定。) ・スタートから6年で会員数は120万人 ・アジア最大規模のキッズモデルオーディションサイト! キッズ時計(https://www.kids-tokei.com/index.html) ベビー時計(http://www.babytokei.com/) ≪行っていること≫ 1、BtoCの写真の販売。イベントに参加下さったご家族へプロカメラマンが撮影した写真を販売 2、企業とのイベントの協賛 3、会員向けに企業のプロモーションを実施。メルマガ配信やママ会の実施、企業のPR ■エンターテイメント事業■ 大手おもちゃメーカーやファッションショーを開催。 ≪行っていること≫ 1、キッズ・ベビーモデル及びタレントキャスティング 2、イベント企画 ■新生児撮影事業■ 提携産科病院へカメラマンを派遣し、新生児の赤ちゃんを撮影。 https://www.kids-tokei.com/newbornphoto/hospital/ ≪行っていること≫ BtoCの写真の販売。出産直後の新生児写真撮影。提携産科病院が、札幌、首都圏、関西圏、東海地区に51ヶ所。 ※後援:毎日新聞社 ≪本事業において、わたしたちが目指すところ主に2つ≫ 1、少子化対策として新生児写真、家族写真と通じて「家族っていいよね!」と思ってもらうこと。また、新生児の撮影を日本のカルチャーにしたいと考えています。 2、新生児の撮影において提携フォトグラファーの9割は、出産経験のある女性。子育て中の女性へ社会進出の機会を創出しています。 -------------------------------------------------------- 【各事業の今後の展望・ビジョン】 ■キッズ時計/ベビー時計事業■ 現在は月間220開催のイベント数を、将来は全国で月間500開催へ。 ■新生児撮影事業■ 現在51病院と提携、1万人以上の新生児撮影実績。それを2020年度期末までに200病院へと提携を増やす。 -------------------------------------------------------- 【KOBE OFFICE】【KIDS-TOKEI Photo Studio】 兵庫県神戸市中央区栄町通4-3-5 毎日新聞神戸ビル 4F

なぜやるのか

月刊誌「キッズ時計」
世界一の美少女クリスティーナ・ピメノヴァはキッズ時計イメージモデルです
事業をスタートしたときに、会社のパートナーにプロのカメラマンがいました。花畑で家族の写真を撮影すると、とても感動する写真を撮ってもらったんです。「世界中の子どもたちを笑顔にしたい」が当社のフィロソフィーになりました。 子育てを頑張っているママ・パパもワクワクできる仕掛けを提供し、一緒に撮影に参加してもらうことで楽しめるイベントを提供したいと考えたのが「キッズ時計」の原点です。 【世界中の子どもたちに夢と笑顔を!】 子どもたちの笑顔がいつまでも家族の心に残る幸せなものであるように、子どもたちの夢と未来が大きく花ひらくように、子どもたちと家族の毎日が幸せで満ちあふれるような そんなシーンを創造していきます。 子どもたちの笑顔と希望にあふれ、輝く瞬間を私たちと一緒に創りあげませんか? 当社では、想いを共有できる情熱を持った仲間をお待ちしております。

どうやっているのか

アイキッズの仲間たち
代表者 宮﨑一明
【私たちの特徴やカルチャー】 ・社員30名のうち、8割が女性 ・20代後半〜30代前半が多い ・新しく世の中に無いものを作り上げていく楽しみを持っている人が多く集まっている ・0から1を作り出すことを楽しめる仲間が集まっている ・これまでにないマーケティング方法やコンテンツを創造 ・海外でも展開している ・子どもたちを笑顔にする仲間が欲しい ・喜んでもらえる企画を考えたいメンバーが集まってきている ・仕事とプライベートにある意味で線引きがない。残業が長いという意味ではなく、家に帰ってもクリエイティブのことを考えている。そういう仲間が集っています。 ・提携カメラマンは、海外合わせて200人くらい。新生児の撮影は9割がママで40人ほど。キッズ時計は160人ほどで、家族持ちが多いのが特徴です。 【メンバー構成】 30人のメンバーの内訳は、 ■経営企画室 ■キッズ時計事業部 ・カスタマーセンター ・クリエイティブチーム ・商品管理チーム ・運営事務局 ■エンターテイメント事業部 ■新生児撮影事業部 ・カスタマーセンター ・品質管理チーム ・能力開発チーム ・運営事務局  ※ディレクターはどちらかの運営事務局に配属されます。

Page top icon