移住10年目 工場長安原の田舎で働く レポート〜その2 本宮町ってどんなとこ〜

転職して移住するとなると、職場の環境以上に移住先の環境を知っておく必要があります。特にご家族がいるととても大事です。ご家族へ移住先の環境を少しでも説明できるように、本宮町についてレポートいたします。

熊野鼓動のある本宮町は10年ほど前に田辺市と合併して田辺市本宮町になりました。本宮町の人口は約3,400人で、数世帯から数十世帯からなる約40集落から成り立っています。
地理的な場所は紀伊半島のちょうど真ん中で奈良県と三重県の県境に位置し、街の中心に熊野川が流れています。
田辺市街地までは車で1時間ちょっとで、新宮市街地は40分ほどです。日常的に必要な物は、町内のスーパーや小売店、ホームセンターで手の入りますが、田辺や新宮まで行くとショッピングモールもあります。
交通手段として自家用車は必須です。家族が少なければ軽自動車がいいですね。

町内にも小学校は2つ、中学校はひとつあり、スクールバスで通っています。毎年、小3の社会科見学に熊野鼓動に来てもらってます。
高校はなく、新宮や田辺などの学校に行きます。バスで通学したり寮に住んだりします。
診療所は3箇所あり、急病の場合は救急車で新宮の病院まで行きます。もっと急病の時はドクターヘリで運ばれます。

写真は本宮町の中心で、ここに役場や銀行、郵便局、診療所などがあります。熊野鼓動はここから車で数分のところです。

6f6917a6 8932 4d71 8ef4 ad4c298dd422

Page top icon