1
/
5

【職種紹介】~提案内容は無限大~ランサーズのセールス職とは?

ランサーズでは21・22卒の新卒を通年採用していますが、よく
「クラウドソーシング事業をしている会社でどんなお仕事をするの?」
「社員の1日のスケジュールはどんな感じなの?」
「フリーランスの人とも関りがある仕事ができるの?」
というご質問を面談・面接で多くいただきました。そこで、これからの何回かに分けて、
実際にご入社頂いた場合の仕事内容をご紹介をしていきます。

まず、初回は「セールス職」から説明させていただきます。

▼▼採用職種に関してはこちらから▼▼
21・22新卒 総合職
21・22新卒 エンジニア職

新卒でセールス職から仕事をスタートする場合、「Lancers Outsourcing」もしくは「Lancers Assistant」のサービスに携わっていただきます。サービス内容は違いますが、対応できるお仕事の範囲が近しく、中には両方のサービスを上手く使い分けている企業様もあります。

セールス職の仕事とは?

基本的には、企業様の抱えていらっしゃるお悩みや課題をヒアリングし、その内容に応じてベストな解決方法を考え、提案していくいわゆるソリューション型の提案営業となります。

相対するのは、様々な業種・業態、規模も個人事情主から大手企業まで幅広い企業様になります。企業様の目の前・足元の課題のみではなく、会社としての目的(ミッション)やKPI、経営課題などをヒアリング・把握した上でどのようなご支援の方法・体制が最も良いのか、を設計してご提案します。

幅広い企業様と相対する分、企業様毎にミッションや経営課題も異なり、提案内容も毎回違ったものを考える難しさがあります。一方で、セールスとしてのスキルアップができ、様々な企業様の課題解決をできるやりがいにも繋がってきます。また、ビジネスに関する知識や力ももちろん身に付くお仕事です。

ランサーズではご登録いただいているフリーランスの方の職種の幅が非常に広いので、企業様からの「こんな仕事ってできるんですか?」や「こういう事もやってくれるの?」というお問い合わせに対して、オンラインで完結できるお仕事であれば基本的にほとんどのお仕事の対応が可能となります。

これがいわばランサーズの魅力でもあり、サービスの強みとなるポイントです!

例えば、Lancers Assistantはサブスクリプション型のサービスで、オンラインのアシスタントチームが企業様の様々な業務を幅広く支援できるサービスとなっています。通常、会社で1人辺りのスタッフ/社員を採用する場合、長い期間と一定のコストがかかることがほとんどです。更に、1人採用できたとしてもその方の対応できる業務の範囲・キャパシティには限りがありますので、大規模なプロジェクトとなると採用人数が1人では足りない恐れがあります。

Lancers Assistantサービスであれば、依頼したい業務を好きなタイミングで発注することができ、かつ人件費にかかる固定費を削減することができるのが企業様へのメリットでもあります。

企業様の予算やコスト・各施策に対して提案をしていくLancers Outsourcingサービスの場合も同様で、人の採用にかかるコストを削減した上で、より優秀で高い技術やスキルを持ったフリーランスの方へお仕事を依頼することが可能です。また、社内の人材だけではなく、フリーランスの方に仕事をお願いすることは、企業様へのメリットが数多くあります。

例えば、フリーランスの方々からの意見やアイディアを吸収することが出来ることが挙げられます。プロジェクトを成功させたい、という想いはフリーランスの方々も企業様と同じなので、施策を行う立場だからこそ見えてくる改善案・提案を頂くこともあります。

ランサーズの強みとして先ほど言及した、対応できる仕事の幅という点もありますが採用するフリーランスの方の人数もプロジェクトの規模により柔軟な調整が可能なところです。

ただ、クラウドソーシングサービスに対する知識や内容・良さをまだまだ伝えることができていない企業様も多いので、まずはランサーズというサービス認知してもらい、
【会社で新規事業を立ち上げる=人材が必要=採用する】ではなく、
【会社で新規事業を立ち上げる=人材が必要=フリーランスの方々の仕事を活用する】
というように企業様への選択肢を広げていくこともセールスとしての大事なお仕事になります。

セールスとしての1日の仕事の流れは?

こちらもよく頂く質問になりますが、セールスだけではなくランサーズで働く社員には個人に裁量が与えられているので、自身のスケジュールは各自で自由に設計することができます。ですが、上司との1on1や、部署・チームメンバーとのミーティング、全社の集まりなど決まった予定もありますので、その中で自身のセールスとしての活動、いわば自分の働き方を自分自身で決めていただくことになります。

新型コロナウイルスの影響を受ける前から、ランサーズのセールスは企業様との商談を既にオンラインで始めていました。なので、セールスも場所にとらわれず働くことが可能です。
(企業様によっては直接対面でお会いしたい、とリクエストを頂く場合もあり、、そのような場合は出社頂くこともございます。)

セールスの先輩からの声

Q1:セールスとして大変な事はどんなことですか?

YMさん:新しい領域へのフリーランス活用提案も多いので、構想を現実化することが大変です。クライアントとランサーズだけのWIN-WINだと思考として足りないので、実際に働いてくれるランサーさんのことも考えてWIN-WIN-WINのビジネスを作らないといけないことですね。

HSさん:お客様の課題解決の難易度が高い時には、かなり頭を使います。一方で考え抜いた提案が、お客様へビシッとハマった時は凄くうれしいです

NYさん:提案営業が近いイメージなので、がむしゃらに行動するというよりも1社1社の個社を丁寧に見極めて戦略を立てる必要があるところです。

Q2:セールスとしてどんなやりがいがありますか?

YMさん:フリーランス市場という業界を作ってる、というのが実感できることは非常に大きなやりがいです!

NFさん:お客様の漠然とした課題を形に起こしていく過程が時に大変ではありますが、伴走してしっかりと納品しお客様の課題を解決できたときは大きな喜びを感じます。

HSさん:お客様からの感謝やお褒めの言葉をいただいた時です。「ありがとう」や「●●さんが担当で本当に良かったよ」など、前述のとおり考え抜いた結果だと思います。それらを頂いたときは、本当に嬉しい瞬間です。

Q3:セールスとして新しく入ってくるメンバーへ一言!

YMさん:良い業界・会社に入りたい人より良い業界・会社を作りたい人に向いている会社であり、職種だと思います。そのための環境と企業文化は結構できてるんじゃないかと思います!

YSさん:企業の売り上げに直接寄与できるとても良いポジションです!自己成長ができる非常に良い機会ですので、チャレンジングな気持ちで一緒にランサーズを盛り上げていきましょう!

MSさん:良くも悪くもお客様からの評価がダイレクトに感じられるので、変化を恐れずチャレンジしたいという方と一緒に働けたら嬉しいです。

ランサーズ株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more