Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

イメージキャラクターのロミオ
住宅関連業界向けVR制作サービスterior

<住宅関連業界向けVR制作サービスterior> http://terior.jp/ 「仮想現実はやがてただの現実になる」これは「すべてがFになる」という本の中で天才プログラマの真賀田四季博士の言葉です。私たちはterior(テリア)という不動産系VRサービスをアジア諸国と日本に向けて展開している会社です。 建築のCGモデリング技術を使い、近い将来の建物や街並み、これから起こり得ることをVRにしていきます。そう考えると、私たちがつくる仮想現実は近い将来の”現実”であり、真賀田四季が言うように現実になります。 今ここにない情報や、今ではない時代の情報を可視化することのできるヴァーチャルリアリティという技術を利用することで、住宅業界の明るい未来の創造に貢献しています。

なぜやるのか

EXPO参加
プノンペン開発拠点のメンバー

<カンボジアから世界的事例を創る> カンボジアに長くいるとカンボジア人があらゆる分野にて受け身な捉え方をする国民であると感じます。仕事は与えられるもの、援助はされるのが当たり前。確かに、インフラ整備やNGO関連の事業はODAや寄付などで賄っている実情があります。 しかし、ビジネスにおける受け身の姿勢は搾取につながり、労働者本人にとって必ずしも良いとは限りません。 カンボジアに移住をした2012年。生まれ落ちた場所が日本か、はたまた途上国であるかどうかというだけで、こんなにも機会の数が変わってしまうのかというのを強く感じました。 努力をすればより良い未来を築くことができるという価値観は、機会がない、目指すべき成功事例もないような場所に住む人々にとっては通用しません。 しかし、一方で機会を与えれば、何が何でも手に入れてみせるというハングリー精神が強いということも途上国で強く感じました。 あと必要なことは、努力をすることが小さな成功に繋がり、より良い未来を築くことができるということを成功事例をもって示すことだと思います。 私たちはこの成功事例を、「カンボジアから世界中で利用されるサービスをつくる」ことで実現していきたいと思います。 <時空を超える> 時空を超えると言うとSFのように聞こえるかもしれません。 しかし、人類はずっとtele(テレ・遠く)を身近にする技術を追い求めてきました。テレ・ビジョンは視覚のVR、テレ・フォンは聴覚のVR。小説は思想のVRで、twitterはクラウド(群衆)のVR、facebookはネットワークのVR。そういった人類の歴史・技術の文脈の中の一部として、弊社が存在できるように企業活動をしていきたいと思っています。

どうやっているのか

オフィスの様子
独立記念塔

何故カンボジアで不動産系VRが可能なのかとよく聞かれることがありますが、理由は大きく分けて3つあります。 1つ目は豊富な人材です。カンボジアの平均年齢は24歳と言われています。働き盛りの人材が見つかりやすく、建設ラッシュに代表されるように建設、内装、建築関連の企業が多いため、比較的容易にインテリアデザイナーや建築士を見つけることができます。(学ぶ学生も多いです) 2つ目は人件費の安さです。ベトナムや中国と比べても圧倒的に人材に対するコストが低いため、アウトソーシングや、オフショア開発先としても注目を浴びています。 そのため、不動産系のコンテンツは弊社の強みが活かせる分野であり、コスト面では他社とは一線を画す価格帯でサービスを展開しております。 3つ目は立地です。 昨年、成田ープノンペン間に直行便が就航するようになりました。日本からだと朝スカイプで打ち合わせして、その日の勤務時間中にプノンペンオフィスに出勤できます。プノンペンからだと、一日が終わり機内で寝て起きたらもう日本です。ホーチミンやバンコクは飛行機で1時間程度で、東京ー大阪間のような感覚で移動することができます。この利便性の良さはカンボジアならではだと思います。 社内には日本人、カンボジア人だけでなく、ロシア人やアメリカ人など多様なメンバーで構成されています。主に20代の若者が中心の組織です。 今後のアジア、世界展開を見据えた体制づくりをおこなっております。

Page top icon