1
/
5

なにをやっているのか

現在は主にシステム開発やメディア運営を行っていますが、私たちにできることなら何でもやるのが基本方針です。 勝算があり、且つ私たちのミッションの達成に繋がるのであれば、どんな事業領域でも参入します。

なぜやるのか

私たちの使命はiPhoneの次となる技術革命を起こすことです。 人類の進化の歴史に刻まれるような技術革新を起こしたいという想いから「リーディングテック」は大学地下1階のパソコン室で静かにスタートしました。 iPhoneのように人々の生活を一変させるような技術革命にはハードウエアの開発が不可欠であると考えています。 テレビ、自動車、飛行機、ロケット、コンピューター、これらの発明はいずれもハードウエアにおけるブレイクスルーがあってこそ実現されたものです。 しかし、ハードウエア開発は莫大な資金力が必要であるため、我々のようなベンチャー企業が安易に参入できる領域ではありません。例えばSpaceXを創業したElon Musk氏も最初から重工業に挑んだわけではなく、まずZip2(ディレクトリ広告)、次にX.com(オンライン銀行)、その後SpaceX(宇宙ロケット)やTesla(電気自動車)と徐々に投下資本の大きい事業に軸足を移し、ある事業の成功で得た資金を次の開発に充てていったことが現在の成果に繋がっていると私は考えます。 私たちも同様に、まずは比較的小さな事業を成功させることで技術力や財務体力等の「力」をつける必要があると考えています。 この力をつけるための助走期間をリーディングテックのフェーズ1と位置づけ、手堅く速やかに事業領域を拡大し収益基盤を確立します。

どうやっているのか

「少数精鋭のチームで大企業を上回る成果を出す」 「新規機能は1日、新規事業は10日でリリースする」 といったことを重視して日々仕事に取り組んでいます。