1
/
5

「企業カルチャーから逆算し営業の仕組みを作る」レバレッジ卒業後、コンサルタントに。【卒業生インタビューVol.1】

今回は株式会社レバレッジの創業メンバーの一人として会社の黎明期を創り、現在では数社のクライアントを抱える事業開発コンサルタントとして活躍している小川さんにインタビューをしました。

ーー本日はよろしくお願いします。
ーーレバレッジではどんな仕事をしてましたか?

レバレッジではVALXやダイエットコンシェルジュなどの営業と、人事として社員が伸び伸び働けるような組織開発を中心に行なっていました。

レバレッジで働く中、次第に自分自身のバリューを意識して働くようになりました。
そして、僕のミッションは『創業者と一緒に、会社の黎明期から次のステージに引き上げる日本一の伴走者』だと気付き、2021年にレバレッジを卒業し、独立して現在はベンチャー企業の事業開発コンサルティンングを行っています。

レバレッジから受け継いだ「仕組み化」の精神

ーー事業開発コンサルティングとして、具体的な業務内容はなんでしょうか。

現在は数社のクライアント企業様を担当しています。
例えば、創業15期目の企業様や、創業間もない2期目のスタートアップ企業様などです。

15期目の企業様では"人材採用"と"営業企画"として営業の仕組み化に携わっています。
2期目の企業様では”新規事業の立ち上げ”に携わっています。

会社の成長フェーズを「3」から「10」に急成長できるように、一言で言うと「営業の仕組み化」を行っています。

ーー営業の「仕組み化」とは一体なんでしょうか。

営業先へのアプローチ方法や営業資料の作成などを行って画一化するのはもちろん、創業メンバーが醸成した企業カルチャーを、創業メンバーから今日入った新人の方まで全員に浸透させる仕組み作りですね。

特に営業という職種は、創業メンバーの営業トークに依存しやすく、いわゆる俗人化しやすい職種です。
しかし、企業が成長フェーズを登っていくと、営業チームごとのカラーがどんどん出てきて会社のカルチャーや歴史を知らない人も出てきます。

そんなあらゆる個性を持った人がいる中で、営業の仕組み化を統一することは、企業の更なる急成長のために重要な要素の一つになってきます。

企業カルチャーから、逆算して現場のパフォーマンスを統一化し、全員に馴染ませる。
これが「営業の仕組み化」です。

ーーレバレッジの理念にも「仕組みで成長しよう」という言葉がありますよね。

ありますね。
レバレッジで学んだ理念や経験、考え方は、独立した今でも活きています。

「仕組みで成長しよう」というレバレッジの理念も只石社長からずっと言われ続けた言葉です。

情熱的な只石社長の見た目に反して、なにか問題が起きたら気合いで解決するのではなく、仕組みで解決するという考え方は、将来、起業家になりたい人にとっても非常に重要な考え方です。

レバレッジで学んだことは1人のビジネスマンとしてだけでなく、経営者を目指す上でも非常に重要なことですし、それを学ぶことができたレバレッジの環境には感謝しています。

「受け身の人生を変えろ!」只石昌幸との出会い

ーー只石社長と初めて会ったのはいつですか?

およそ13年前、僕が22歳の時に起業家のシェアハウスで会いました。
僕の知り合いの方が、月に一度だけ起業家を招いて講演会を開いており、そこにいらっしゃったのが只石社長でした。

玄関に真っ赤な革靴がたった一足だけあって、一瞬で「やばい人がいる」と直感的に思ったことをよく覚えています。

若かった僕は、好奇心に突き動かされてリビングに入ると、真っ赤なブランドカバンが目に入り、奥のソファーに真っ赤なネクタイを着けた只石社長が座りながら、精神統一をしていたんです!

その日は、

「なんで全身赤色なんですか?」

「どんな事業をされているんですか?」など、只石社長を質問攻めにしました。

ーー精神統一ですか?!すごいインパクトですね

帰宅するときに、只石社長に「レバレッジのオフィスに遊びにきなよ」とお誘いを受けました。

多少ですが、気に入られた自信もあったので、只石社長の言葉を額面通りに受け取って、後日、当時の西麻布のオフィスに遊びに行ったんです。

すると只石社長に
「何か目的があってオフィスに来たの?」って言われて、、
「常に待ちの姿勢だから君の人生は何事もうまくいかない」と諭されました。

家に帰って人生を考え直したんです。

”自分の人生はずっと受け身だったと。

どうしてもレバレッジに入りたい。

そう考え続けた中で思いついたのがで思いついたのが「フルマラソンを走ろう」でした。

ーーフルマラソンですか!?一体どうしてでしょう、、

自分の意思で何かに挑戦しようと思って思いついたのがフルマラソンだったんです。
オフィスに行った翌日に江ノ島まで走り、江ノ島神社のお守りを買って只石社長に届けたんです。

ーーすごい行動力!只石社長の反応は?

「そういうことだよ!」って。笑

この瞬間にレバレッジへの入社が決まりました!

「選択できる人生を作る」20代の登竜門にレバレッジを。

ーー最後に今の20代へ、メッセージをお願いします。

仕事を選択できる人生を作って欲しいです。
そのために自分の得意分野を見出して伸ばすことが重要です。
得意分野があると自分の市場価値が上がり次のオファーが来るようになります。

そのためには20代の間にがむしゃらに働いて、ワクワクが大変さを上回るような仕事を見つけていってください。

僕はその20代をレバレッジに捧げました。
特にレバレッジは個性を伸ばし、自分自身の価値を作ることのできる環境であるので20代の登竜門としては相応しいと思います。

ーー小川さん、今日はお話ありがとうございます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ぜひ他の記事もご覧いただき、ご興味を持っていただけましたら、お気軽に「話を聞きに行きたい」をクリックしてください!

株式会社レバレッジでは一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう