1
/
5

答えを教える教育に未来はつくれるか

はじめまして、ライフイズテックの水野と申します。


ライフイズテックは、中学生・高校生のプログラミング教育を手がけるベンチャーの会社で、現在33名の社員・大学生スタッフ500名以上のチームで、教育事業をしております。


2010年7月6日、水野、小森、松井の3人が「教育を変える!」と創業し、
一年後の2011年夏に最初のサマーキャンプを行いました。それが事業のはじまりです。

集まった中高生は、ひと夏で40名。

今思えばとても少ない人数ですが、当時の私たちには誇らしい参加人数でした。
「中高生の可能性を拡げるにはどうすればよいか?」 その事だけひたすら考え、
目の前にいる中高生に最高の教育を届けようと試行錯誤し、 少しずつ「Life is Tech !」の名前が広まりました。

今年の夏で7年目。年間7000名の中高生が参加するほどになりました。



事業内容は大きく分けて2つです。

「Life is Tech ! 」のキャンプやスクールをはじめとするリアル教育事業と、「MOZER」をはじめとするオンライン教育事業です。アプリ開発やゲーム開発、IoT、フォト&カメラ、VRやPepperロボットプログラミングに至るまで幅広いコースを展開しています。

コアとなるカリキュラム作りは今まで世の中にない価値を作る仕事で、絶賛メンバーも募集中です。中高生でもできてしかもやる気までだしてくれる教材作り。みんな真剣に取り組んでくれて、しかもその反応を直に見ることができます!



時代はどんどん変わってる。教育は変わらなくていいのか

この10年ものすごいスピードでビジネスやサービスが変化しています。これに伴って働き方やライフスタイルの変化が起きています。いままでの一斉教育は、20世紀の高度成長時代を支えるために生み出され、大変良く機能しました。ただ、これまで上手く機能したからこれからもそう、というわけにはいかないのは自明です。

ライフイズテックでは、「中高生ひとり一人の可能性を最大限伸ばす」ことをミッションにしています。”ひとり一人”というのにこだわりがあります。それぞれ個性を伸ばす教育になっていけばもっと子どもたちが伸びると信じているからです。




2年前に、21世紀の教育改革6カ条というのをつくりました。

現在チャレンジしている分野では、一のIT・プログラミング教育と三のオンライン教育を通じて、創造力とつくる力を育成することを目指しています。中高生は自立しだす時期。その時期に何に出会うかはとても大事です。

「デザインが好き」「ゲームが好き」「音楽が好き」「プログラミングが好き」今の中高生はそれぞれ興味も好きなことも細分化されています。

だから僕たちのキャンプやスクールでは、中高生5-6人に対してメンターをつけて、ひとり一人のヒットポイントにあわせて成功体験や楽しい!と思えるカリキュラムを提供するようにしています。

スイッチが入って、ジャンプするポイントまで併走してあげると、自走しはじめます。自ら学んでいく姿勢ができれば、どの分野でも切り開いていける力がつくので僕たちはそのきっかけをつくっています。

好きなことをするとき人は伸びる、夢を持つと伸びが加速する、教師時代やいまの事業を通じてそういう場面をいくつも体験しました。それは、日本だけでなく海外の子どもたちも共通しています。昨年はシンガポールとオーストラリアに海外進出しました。日本国内も情報の集まる都心部だけでなく地方自治体との取り組みも増えています。

人材育成の課題への要請はものすごく高まっているなと感じています。



漫画「ワンピース」型のチーム作り

弊社の社員は、みんな教育への情熱があり、中高生の成長や教育というテーマに共感を持つメンバーばかり。船長一人ではワンピースにはたどり着けません。剣士がいて、航海士がいて、コックがいて、それがチームとなることで、ワンピースにたどり着けます。それぞれのメンバーの個性が活かされ、メンバーが互いのことを尊敬し合って、一つの大きな目標へと向かっていく。これこそがチームをつくる意義だと思いますし、ライフイズテックも、麦わら海賊団のような最強のチームをめざしています。それは、社員はもちろん、メンター(講師)の大学生も含めて。みんなが同じ方向を向いて走っている組織って強いじゃないですか。

そして、ただ「教育を良くしたい」と理念やビジョンを唱えるだけでなく、それを実際に「Be Startup」 や「ITドラフト会議」など、サービスに理念やビジョンを反映できているから、納得感が強いんじゃないかと思います。心に思い描いていた理想図が、どんどん体現できていって、それに対して生徒から反響があると楽しいですよね。


他で得た経験やスキルをこれからは教育に還元したい


自分たちが21世紀の教育をよくしたい、

教育から地方をもっと元気にしたい、

プログラミングやものづくりを通して学びを加速したい

そう仲間になってくれたメンバーが多く、これからの展開はこれまで以上にダイナミックになっていくとおもいます。


ライフイズテック株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

ライフイズテック株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
26 いいね!
26 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング