Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

ブータン人の方々とのオフィスでの面接
弊社は創業5年目、在籍数8名(2019年5月現在)の会社です。 主にSNS経由で外国人に仕事を紹介しており、そのサービスは "Tokyo Job"という名前で広く知られています。 しかしながら、今後はそれのみに留まらず、 様々な取り組みをしていきたいと思っています。 例えば、「特定技能」ビザに関わるビジネスを展開していきたいと考えております。 2019年の4月には入管法が改正され、新しい在留資格として「特定技能」が新設されます。 現状では、「特定技能」はまだまだ新しい制度で、手探りの状態ではありますが、これまで『2,000名以上』の求職者を企業に対して紹介した弊社の実績とノウハウを生かし、当該分野に積極的に携わっていきたいと思っています。 また、その他にも ・技能実習生の環境改善 ・日本語学校へのアプライ ・海外の日本語専攻学科の子たちへのサービス ・来日したての子たちへの支援 などに今後取り組んでいく予定です。 日頃の業務では、企業理念として掲げている 「クライアント・ユーザーに必要とされるだけでなく、 同じく働くスタッフを大切にすること」を念頭にビジネスを遂行しています。

なぜやるのか

新オフィスにて、引っ越し作業
企業は年々、産業の発展に伴いひどい人材不足に悩まされています。都心のほうのコンビニや大手ファストフードチェーン店でも、外国人の労働者のほうが割合として多くなってきているのも稀ではありません。現に日本人の力のみで会社を回すことができなくなっているのが各地で起こっています。 日々の業務を行っていく中で、 採用が決まった子たちや、クライアント様たちからのありがとうの言葉をいただけた時の達成感は何にも代えがたく気持ちが晴れやかになります。 また仕事を通してお金を稼げるだけではなく、日本語能力も格段に伸びたということで非常に感謝されることが多いです。 まだまだ手探りしながら人材紹介を行っている側面も多いですが、世の中の人材不足を解決するためにメンバーが一体となって日々ワクワクしながら業務を遂行しています。

どうやっているのか

日本語学校の方達を招いての説明会
面接会場に赴き、サポートすることもあります!
「お仕事ください!」「コンビニで働きたい~!」と仕事を探している外国人の求職者に対し、本人たちの希望などを聞きつつ、仕事を紹介していきます。 その際に、提携のあるクライアント様から頂いた求人やその条件をもとに、ニーズに合う人材をマッチングしていきます! 時には、SNSを利用した多角的なマーケティングや、クライアント様の求める人材の特徴をヒアリング、外国人の子たちへの職業説明会開催に携わる運営などといったマルチに渡る業務を行ないます。 また、初期段階から様々なことに挑戦できる環境が整っております。社長と近い距離での仕事が主となるため、今までの経験に関わらず、誰もが発案者として提案でき、のびのびと仕事に打ち込むことできます!