1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

10,000社以上が導入する在庫管理SaaS「ロジクラ」を提供しています
オムニチャネルユーザーなどを中心に、EC事業のバックヤード(物流倉庫オペレーション)を支えています。
国内小売企業(店舗・EC事業者)135万社を対象に、在庫管理SaaS『ロジクラ』を提供しています。サービスリリースからおよそ2年で16,000社以上のお客様にご導入いただいています。 「無料で使える在庫管理ソフト『ロジクラ』」 https://logikura.jp ▼これまでの業界課題 通販やEC事業者の多くは注文が入ると、紙の伝票を使って検品作業等の配送準備が手作業で行われています。 『ロジクラ』ではスマホを使って注文データを取り込み、スマホを利用し複数人で作業をできる環境をSaaSサービスとして提供しています。 また、店舗+EC等複数チャネル展開をしている企業様では、各チャネルの販売数量に応じて共通在庫を増減させる必要があり、ロジクラはそのニーズにマッチしたサービスを提供するプロダクトを提供しています。 NewsPicksの番組主演時の内容がわかりやすいため、以下の紹介記事を是非ご覧ください! https://www.wantedly.com/companies/logikura/post_articles/163904 ▼コロナ禍においてより必要とされる存在に 昨今のコロナ禍では実店舗を持つ事業者が打撃を受け、販売チャネルをECにシフトする企業様が増加しました。 小売産業の市場の動向を的確にとらえ、在庫管理だけでなく、産業そのものを変革していくような業界におけるインフラとなる存在を目指しています。

なぜやるのか

これまで活用されていなかったデータを資産化・分析し、小売業のDXに関わっていきます。
代表の長浜自身、学生の頃から働いていた物流倉庫の古い体質に、課題を感じていました。
「人々の生活はスマホなどによってアップデートされているのに、B2Bの現場は未だにアップデートされていない」という現状に課題を感じた代表 長浜が2016年に創業しました。 ▼小売業界のDXを担う 中長期的には小売のDX(デジタル・トランスフォーメーション)に関わっていきます。これまで手作業などによりデータ化されていなかった倉庫業務をデータによって資産化・分析し、小売業の経営者の方々が抱えている在庫消化や需要予測などのデータ活用事業にも取り組んでいきます。

どうやっているのか

セールス・カスタマーサクセス・エンジニアチームの3体制です。
オフィスは都庁前駅から徒歩4分(新宿駅12分)、フルリモートが前提になります。
私たちのミッションである 「在庫データを活用し、企業の成長を支援する」 に共感した優秀なメンバーが集まり、SaaSの開発から販売までを自社で行っています。 組織はセールス・カスタマーサクセス・エンジニア・管理の4チーム体制で運営しています。   2016年の創業以来、複数社のVCから資金を調達しており、強力なサポートや顧客ネットワークのもと、2026年度でのIPOを目指しています。 ▼参考記事 - 導入企業1万社超え、無料から使えるEC企業向け在庫管理SaaS「ロジクラ」が1.2億円調達 https://jp.techcrunch.com/2020/01/15/newrevo-fundrasing-series-a/   - 「勘と経験頼み」が過剰在庫を引き起こした。在庫データ活用で成長支援をするロジクラの挑戦 https://logmi.jp/business/articles/321534   - 需要予測で物流の過剰在庫を解消せよ ~ビジネス効率化の旗手たち~ Microsoft for Startups https://thebridge.jp/2019/06/relay-microsoft-for-startups-yuki-nagahama