1
/
5

RubyKaigi 2018 に行ってきました!

こんにちは! 技術部入社 3 カ月目の脇谷 (@wk) です。普段は Rails の広告配信管理画面などをみています。5 月 31 日 (木) - 6 月 2 日 (土) に仙台で開催された国内最大級の Ruby カンファレンス、RubyKaigi 2018 に参加してきたのでレポートします。


セッション

印象に残ったトークをいくつか紹介したいと思います。

Hijacking Ruby Syntax in Ruby

binding, TracePoint, refinements, Method Hook といった Ruby の meta programming 機能を存分に使うお話です。Ruby の黒魔術は楽しいですよね。

All About RuboCop

Ruby 用静的コード解析ツールの RuboCop の作者、@bbatsov 氏による RuboCop についてのトークです。RuboCop ではログリーでも個人的にもお世話になっており、いろいろ気になるところもあったので興味深く聞いていました。

(LT) Rib - Yet another interactive Ruby shell

https://www.godfat.org/slide/lulalala_it/rib/

軽量で高機能かつモジュール機能のついた irb alternative、Rib の紹介です。Rib の特徴もさることながら、トークもユーモラスで会場も盛り上がっていました。

The Method JIT Compiler for Ruby 2.6

k0kubun さんによる Ruby 2.6 で開発中の JIT コンパイラのトークです。
JIT を適用した Ruby コードが RubyVM や JIT 上の C 実装よりも速くなったパターンが示され、「C language is dead」というインパクトのある言葉を聞くことができました。

TRICK 2018 (FINAL)


Ruby を用いた超絶技巧プログラミングコンテストの発表です。上記の GIF 画像は、mame 氏作の回転しながら自身を出力するコードです。入賞したコードは https://github.com/tric/trick2018 で取得することができます。発想も技術もおもしろく、理解の範疇を超えた驚くようなコードが次々と発表され、会場も湧いていました。

感想

技術にフォーカスしたレベルの高い発表は、聞いているだけで楽しいですし自身のモチベーションも上がるものです。
また、いろいろな Rubyists と交流することも良い刺激になります。
スポンサーブースも各社の創意工夫があって、つい滞在したくなりました。
ログリーではエンジニア採用を強化していますし、来年は会社を巻き込んでスポンサーとして参加できれば嬉しいなーと思っています。

RubyKaigi 2019 は福岡

来年の開催は福岡で 4 月 18 日から 4 月 20 日と発表されました。
https://rubykaigi.org/2019 も仮ページながら既に閲覧できるようになっています。
来年が今から楽しみですね!

We're hiring!

ログリー株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング