CTOにインタビュー「なぜマイスター・ギルドへ入社したのか?」【前編】

もうすぐしたら4月、新年度が始まりですね。時間経つのが早いな~と感じている方は多いのではないでしょうか?新生活スタートされる方、今まで通り何も変わらない方、新年度は新たなことに挑戦したい!という方etc...様々な方がいらっしゃるかと思いますが、4月からも明るく元気に頑張りましょう!!

今回は弊社CTOの芝田に「なぜマイスター・ギルドに入社したのか?」インタビューしてきました。
長年フリーランスとして仕事をしていた芝田。人脈も仕事もあり自由に働けていたはずなのに、何故、弊社を選んだのか気になるところです。


なぜマイスター・ギルドのCTOを引き受けたのですか?

「ひとりでできることには限界がある。チームを作って何かを成し遂げたい・・」
そんなことを考えているときに代表と再会して「CTO」のお話をいただきました。これからの成長が楽しみな会社だったので、この会社を一緒に成長させたい、そんな思いから引き受けました。


一番好きな言語(開発環境)は何ですか?

一番好きな言語は、今はPythonです。なぜならPythonは記号の入力が少なく、コーディングが早いからです。また、言語仕様が分かりやすく子供でも理解しやすいし、複雑なシステムにも使用できるスケーラビリティも持っています。
開発環境はMac+DockerとVisualStudioCodeの組み合わせです。


あなたにとっての開発とは何ですか?

システムとは世の中を便利にするもの。それを使う人に楽をさせてあげられる。開発とはそれを作るもの。


一言でいうと、どんな会社ですか?

技術者の集団変態の集団。
変態というのは、みんな開発技術の話題になると熱くなるところです。仕事以外でも開発していたり、技術の変態の集まりという意味ですね(笑)


これから、どんな会社にしていきたいですか?

何百人になっても全員が仲の良い会社他社の倍くらいのパフォーマンスを出せる会社にしたい。


代表とは専門学校の同級生だったようで、とある交流会をきっかけに20年ぶりに再会したそうです。
20年ぶりの再会でもすごい偶然なのに、その後一緒に働くとは・・!素敵な再会ですね。
上下関係がない自分の意見が言いやすいアイデア豊富、そんな強みをいかして他社の倍くらいのパフォーマンスを出せる会社を目指していきましょう!!

今回のようなインタビューも快く引き受けてくれて、プライベートな一面も気になったので聞いてみました。
そちらの記事は、次回【後編】で更新したいと思います。

株式会社マイスター・ギルド's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more