【メンバーインタビュー】チャレンジの機会が多く、結果が出やすいのが魅力です。マーケティング・デザイナー 太田

こんにちは、株式会社まちいろの太田です。

今回の【メンバーインタビュー】は、お恥ずかしながら私、太田真由美です。2019年1月に入社して以降の心境をインタビューしてもらいました!

-まちいろに入るまではどんなことをやっていましたか

もともとゲーム会社の背景グラフィッカーとして勤務していました。自分の仕事について悩んでいた時、とある専門誌にRCA(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)教授のインタビューが載っていて「技術と人を繋ぐのがデザイナー」という一言に心が動きました。その後デザインへの興味が募り、学校へ入り直し、グラフィックデザインの勉強をしました。直近まではデザイナーとして紙系の制作を全般的にやっていて、広告制作ではアートディレクションから担当することも多かったです。

-まちいろに入社を決めたきっかけはなんですか?

「池袋からITを!」という代表・蓮田の言葉と、システム開発会社でありながら会社もプロダクトも人情味を感じるところに惹かれました。UXデザインにも関心があり、エンジニアリングに近い場所で業務にあたれるのでは、という期待もあって決心しました。

ーまちいろはどういう会社ですか?

小規模の会社なので、社員の声がお互いに通りやすいところです。業務・事務作業に関わらず、助け合いの精神が発揮されてます。

梱包作業や発送業務は量も重さもあり大変ですが、まちいろでは自然とみんなが動いてくれて、いつも大感謝です。重いものを持とうとするとスッと助けてくれたり、声をかけてくれたり。今の時代当たり前なのかもしれませんが、とても優しく頼もしい人たちが揃っています。DIYが得意なスタッフもいて、直せないモノがないのでは?と密かに思っています。笑



ー他のまちいろのメンバーの印象を教えてください

仕事面では真面目、そして一生懸命ですね。

担当領域が広いのでそれぞれ大変だと思うのですが、サラッと業務をこなしている印象です。アタフタしているのは私くらいでいつも驚きで一杯です。笑

業務が忙しくても、質問すれば親身になって応えてくれて本当に頼もしい仲間たちです。

また、仕事を離れるとそれぞれ楽しいキャラクターで、何故かお酒好きが集まっていますね。時々社内でお酒を持ち寄って、おつまみを近所から調達し、ワイワイと飲みながら語り合いタイムがスタートしたりします。

ーまちいろで現在どんな仕事をされていますか?

まちいろのプロダクト「hacomono」を世に広めるべく、広告・広報関係を担当しています。デザイナーでもあるので、業務としては販促用のツール制作やGoogle広告の画像やバナーもコンセプトから考えてデザインを制作します。

例えば、現在制作中のものに “サンキューハガキ” というものがあります。これは、「営業活動の後、お客さまに何らかの形で挨拶したい!」という現場の声がきっかけでスタートしました。それならお客様に感謝の気持ちを伝える“サンキューハガキ” を作ろうということになりました。現場の声を形にできるのは、制作者としてとても嬉しいです。絶対仕事の役に立ちますから!

現場からの要望をすぐにデザイン制作出来るのも、まちいろならではの良さだと感じています。

ーまちいろで学んだこと

「0→1」フェーズのベンチャー企業での業務スピードです。まだ勉強中ですが。笑

まちいろの経営は3ヶ月毎に見直しながら進められています。経営方針の決定から業務への反映までがとても早いのに驚きました。慣れてみると事業としての流れも分かってきて、結果がすぐ見えるのを実感しています。

それに伴って個人業務もある程度自分たちで考えて組んでいくので、会社の成長に繋がる業務を意識するようになりました。



ーまちいろでのやりがい

チャレンジの機会が多く、かつ結果が出やすいのが魅力です。

具体的にはGoogle広告があります。私はマーケティングは素人で、実はこれまで敬遠していたものの1つでした。「広告はバナーを出すだけ」とか、「数値に偏ったシステム」とのイメージがあったからです。でもやってみて、利用方法が実は広い事を知りました。Google広告を活用して、お客様の導線を分かりやすくしながら、業務の助けにもなる仕組みが出来たと感じています。

デザインを志すきっかけになった「技術と人を繋ぐのがデザイナー」ってこういう事なのかも、と気付きもありました。

ー仕事をする上で大事にしていること

実は私がまちいろ最年長なので、昔語りをしないように注意してます。笑

別に悪い事ではありませんが、何となく気をつけている事ですね。あとは年代が違うので全く知らない会話とかも正直多いのですが、メンバーの明るさや優しさに助けられ、新しい事を教えてもらっている感じで面白いです。だから知らない事は楽しむ!という事を心掛けています。

最近若手エンジニアが社内用セミナーをわざわざ開いてくれて、難しい専門用語などについて教えてくれました。わかりやすくて有り難かったので、職種違いでも参加していこうと思ってます。

ーまちいろでの思い出深い出来事

展示会の出展準備をしている時の事ですが、ただもくもくとやるのはつまらないから会社の大画面で映画を観ようということになったことですね。その当時、ちょうど『アベンジャーズ エンドゲーム』の公開時期で、はまってるスタッフが多かったので『アイアンマン』を観ながら内職作業をみんなでやりました。

それぞれ多忙な時期だったので、作業を頼むのは申し訳ない気がしていたのですが、思いがけずみんなで楽しい時間となりました。ツールの山もメンバーの協力のお陰で、無事にセッティングが出来ました。

ーまちいろでこれからやりたいこと

社内の情報共有やチームビルディングに興味があります。コミュニケーションの場を作るファシリテーターなどにも注目しています。ゆくゆくはUXからの開発は、まちいろだよね!と言われるイノベーションカンパニーになったらいいな、と。何と言っても「池袋からITを!」ですから。笑

デザイナーとしてはデータの可視化などで会社に貢献できればと思います。クライアントの優良数値のインフォグラフィック化とか。それにモーションまで付けられたらいいですね。

ープライベートな時間の使い方

大人買いならぬ、大人視聴と称した一気見が大好きなので、休日は本能の赴くまま、満足感を満たしています。

今春テレビ放映した『アベンジャーズ』をうっかり見た時から、休日はマーベル映画を見る日々になりました。ディズニーシアターを契約し、しっかり予習して『エンドゲーム』は映画館で3回見ました。ブルーレイも勿論購入です。笑 

最近は『エレメンタリー』という海外ドラマの新シーズンが見れるようになり、思う存分楽しんでるところです。

でも、普通に友人とご飯に行ったり、女子らしくカフェで読書とかも好きですよ。笑

株式会社まちいろ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more