【メンバーインタビュー】サーバーサイドエンジニアとしてだけでなく、経験を活かしてカスタマーサクセス分野でも活躍したい。サーバーサイドエンジニア 塩濱

こんにちは、株式会社まちいろの太田です。

今回の【メンバーインタビュー】は2019年12月に入社してくれた、社会人スキルが素晴らしい若きエンジニア志望者の登場。塩濱 優くんのインタビューをお届けします!

-まちいろに入るまではどんなことをやっていましたか

舞台美術の専門学校を卒業後はバラエティー番組などのスタジオセットの制作に携わる美術スタッフ兼営業として働きました。道具を腰に下げて、重たい木材を運んだり組み立てたり、時間の概念もなく職人気質の先輩たちに怒られながら働いていました。笑

次に、ガラッと異なるお菓子メーカーに営業として入って、北海道から広島まで全国の駅や百貨店の催事場を飛び回っていました。営業だけでなく発注なども担当していたのですが、思いのほか売れ行きが良く在庫が足りなくなって、近くの催事場をそれこそダッシュで回って数をかき集めたこともあります。笑

その後、IT業界に特化した人材営業として人を相手にする仕事に就きました。エンジニアの仕事に触れたのはその時が初めてで、営業で使えるようにと開発行程を一から勉強し始めたんです。その時にエンジニアの仕事っておもしろいな、と思いました。

-まちいろに入社を決めたきっかけはなんですか?

手に職を付けたいと考えて、前職で触れたエンジニアへのキャリアチェンジをしたいと思い始め、転職活動をしていた時に出会ったのがまちいろでした。

エンジニアの経験は全くなく、ゼロからの出発だったので「大丈夫かな?」と不安だったのですが、まちいろで工藤と面接した時に「営業の経験を活かしながらエンジニアとしてのキャリアを歩んでいけるのは一つの強みだ」と言ってもらって心強かったことを今でも覚えています。

二次面接での代表の蓮田との面接でも、入社後どういった業務から入るのか具体的に話をしてもらったのでまちいろでの働き方や自分の将来のイメージも掴みやすく、まちいろでなら自分のやりたいことも実現できると思い、入社を決めました。



ー他のまちいろのメンバーの印象を教えてください

こんなに穏やかな人が多い会社は初めてで驚きました。皆さん担当分野の専門家という感じで、普段はそれぞれが集中して仕事に取り組んでいるのですが、流れる空気感は緩やかですね。ふとした時にでてくる雑談が面白くてなごみますし、アニメや漫画の話を聞いてこっそり参考にしたりしています。笑

また、お互いを役職などで呼ぶのではなく、全員があだ名で呼び合うことにも驚きました。自分自身も入社日にあだ名を決めてもらったことがとても印象的です。

ーまちいろで現在どんな仕事をされていますか?

まだ入社して間もないので、自分自身でも勉強をして早く色々なことを任せてもらえるよう成長していきたいです。サーバーサイドエンジニアとしての成長だけでなく、今までの経験を活かしてカスタマーサクセスの分野でも活躍できるように一つ一つの仕事に真摯に取り組んでいきたいと思います。

ー仕事をする上で大事にしていること

同じ失敗を繰り返さないことと、良いなと思ったことや、すごいなと思ったことなどポジティブな発言はどんどんしていきたいと思ってます。褒められて悲しいなんてことはまずないですし、すごいなぁとか良いなぁと思ったことは結果的に自分自身もそうなりたいな!そうしたいな!というモチベーションにもなりますから。

先日も研修プログラム中にエラーが出てしまったのですが、先輩の星野からエラーの原因の見つけ方のコツを教えてもらい、すごいですね!と伝えたばかりです。笑



ーまちいろでこれからやりたいこと

エンジニアとしてプロダクト作りに携わっていき、その中で顧客対応などもして、エンジニアとしての成長だけでなく、様々な分野でも活躍できるような人材になりたいです。

hacomonoの新規機能を開発する機会があったら、1から考えるところから自分も携わりたいですね。ゆくゆくはまちいろも大きな組織になるでしょうから、その時は1つのチームを率いているくらいになりたいです。

ープライベートな時間の使い方

友達とお酒を飲んだり、ゲームをするのも好きなので、基本的にはダラダラ過ごすことが多いのですが、最近結婚したばかりなので、妻とご飯を食べに行ったり一緒にいる時間を大事にしています。

周りの諸先輩方にも「結婚は初めが肝心」と言われることが多いので、結婚する前より飲みに行くことも減りましたね。あとはゲームもやるとはまってしまうので、今は新しいゲームを買わないようにしています。笑

株式会社まちいろ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more