1
/
5

★Genki Group法人紹介★行徳翔裕園~地域とのコラボを目指す~

こんにちは。株式会社メディクルードの星加です。
先日、介護現場を見てみたいという23卒学生さんとともに行徳翔裕園を見学してきました!その時の様子をレポートとしてお伝えします✨

行徳翔裕園とは?

この施設は、千葉県市川市の事業としてつくられた複合施設です。地域コミュニティの拠点として、子供から高齢者までが一緒に暮らす。そんな市川市の「ふれあい・交流施設」をコンセプトにしているこの建物は、市川市立第七中学校と公会堂、保育所、という多様な事業機能を持つ複合施設です。創設から17年、地域との関係性もコツコツと築き上げてきました。

👆複合施設であるこの建物のフロア図です。

👆行徳翔裕園の前の校庭で夏祭りを開催している様子です。

新型コロナウイルス流行前は夏祭りや翔裕園の日(創業祭)のイベントを盛大に開催しており、地域の中でも有名になりました!夏祭りはサンマを500~600匹焼いても足りないほど、多くの方が来場される大規模イベントでした🐟現在は、コロナ禍でも地域との関係を継続できるような取り組みを実施しています。

いざ、施設見学へ

👆今回は介護課の井上主任に案内していただきました(※以下、敬称略)

井上)この施設の1階が「行徳デイサービスセンター翔裕園」、4階・5階(グループユニットのケアハウス)が『行徳翔裕園』となっています。

わが家のようにほっ…とする場所『ケアハウス』

井上)まず、4階と5階にあるケアハウスから紹介しますね。2つのフロアで定員が50名なのですが、1ユニット10名として、5つの番街に分かれています。普段はお部屋に近いフロアで過ごされていますが、イベントやレクの時には共有スペースに集まっていただくこともあります。

👆ご入居者全員が集まれるローズルーム。窓からは電車も見えて良い眺めです。

👆ローズルームで開催したお花見イベントの写真です🌸素敵な笑顔!

井上)ケアハウスは入居施設であり、わが家のように、その人らしい暮らしをする場所だと考えています。そのため、入居しても元の生活を続けられるようにすることを大事にしています。行徳翔裕園は特定施設として認定を受けており、要支援1~要介護5までどの介護度の方も受け入れることができます。最期まで行徳翔裕園で過ごすことができるからこそ、「その人らしさ」をより大事にしています。
例えば、毎朝パンを食べる人が介護施設ではパンを食べられなくなったり、朝起きる時間ががらりと変わったりと、入居したからといって今までの生活ができなくなるのはおかしなことだと思います。もちろん全ての希望を叶えることは難しいですが、どうしたらできるかを考えています。

星加)ご利用者さんは1日をどのように過ごされているのですか?

井上)お食事は番街ごとに召し上がっていただいていますが、それ以外は比較的自由です。
午前は一緒に体操をやる方もいれば、廊下で歩行訓練をする方もいらっしゃいます。お昼ごはんの後はお部屋でゆっくりされる方が多いですが、16時くらいになるとデイスペースに集まってお話されています。

井上)こちらがデイスペースと呼ばれる場所で、番街ごとにお食事をお召し上がりいただいています。キッチンも自由に使えるので、中にはおそうめんを茹でる方もいらっしゃいます。共有の冷蔵庫も自由に使うことができます。

星加)お料理される方もいらっしゃるのですね!

井上)先日はご利用者さんと一緒にお味噌作りを行いました!