1
/
5

なにをやっているのか

代表:岡野徹志
エンジニアの為のコミュニケーションツール「code room」
当社はSESをメイン事業とするシステム会社です。 業務系システム開発やアプリ開発によって、メーカー、 金融、物流、サービス業などのお客様のシステム開発をご支援しています。 SES事業では、長年培った営業力で5000社以上の パートナーネットワークを構築。 Web系やアプリ開発、上流工程や開発工程など 個人の技術的な方向性に応じた案件の選択肢を最大化しました。 開発エンジニアとして成長が見込めない案件には参画させず、 希望のスキルに直結する案件のみ厳選して紹介しています。 その様な成長機会を活かして、Miraieの若手エンジニアは第一線で活躍中です。 それに加えて、3部署間(営業・メンター・サポート専任担当)からなる エンジニアのフォロー体制を強化するだけでなく、 手当の充実化と還元率75%以上の給与制度を実現。 エンジニアのケアを大事にしながら、フリーランスやSES事業での売上を 自社社員に還元し、報酬の最大化を実現しました。 そして、Miraieでは各自の成長をアウトプットする場として、 新たに開発センターを設け、自社内の開発環境を揃えて参りました。 エンジニアのコミュニケーションツール「code room」をリリースするなど、 自社企画でのWebサービス開発もスタートしております。 「code room」 https://code-room.io/ ~~更なる新規サービス・既存事業をさらに拡大していく為に~~ システム開発事業部では、 お客様先でお客様からの信頼を得てお客様から信頼して頂き、 チーム体制での現場常駐の数を増やしていく見込みです。 ゆくゆくは常駐先の業務を持ち帰り、 自社のメンバー達と協力して進めていき、 自社で開発を行っていく体制を整えていきます。 そして、蓄積されたノウハウを活かして、 自社サービスの企画・開発を更に取り組み、 将来的には自社サービスを収益の基盤としていくことを目標としています。

なぜやるのか

エンジニアとのメンタリング風景。中長期的なパートナーとしてキャリアプランなどを共有しています
~~「SESで働くエンジニアが働きやすい」会社を目指して、制度改革をひたすら推進~~ 代表の岡野がSierの営業時代に、 急成長を遂げながらも会社の制度面の整備が追い付かず、 エンジニアのケアに手が回らない状況を目のあたりにしました。 「SESで働くエンジニアが安心して働けるように、ケアを大事にし、 エンジニアに寄り添った組織作りをおこないたい」と願い、Miraieを設立しました。 そんな代表の思いを制度として反映しています。 具体的には・・・ ・還元率75%以上の給与制度 ・案件の選択肢を最大化するための営業力の強化 ・3部署からなるエンジニアフォロー体制の構築 ・社内SNSを活用した自由参加イベントによる心地よい繋がり この様な制度は会社の発展に合わせ、 エンジニアの声を聴きながら取り入れていきました。 なにかと批判されるSES事業であっても、 成長に繋がる案件の選択肢があり、希望のキャリアを共有して、 チームでスキルアップを一緒に取り組んでいける体制がある そして、頑張りを正当に評価して給与に反映される給与制度がある。 そんな働きやすい会社作りを更に強化していく為に、 これからも制度改革を繰り返しおこなっていきます。

どうやっているのか

女性社員も活躍中!!女子会「みらゐえ女学院」定期開催してます!!
代官山でのBBQイベント!
会社全体の年齢は27歳です。 代表・常務取締役も40代中盤と若く、フレッシュなメンバーで構成しています。 当社のエンジニアの大半が文系出身でIT業界未経験でした。 しかし、今では成長機会を活用して第1線で活躍中です。 例えば、、、 ・Javaの開発経験を経て、今ではインフラの構築に携わっている社員 ・テスト案件からJavaの開発案件を経験し、 今では現場で当社若手社員をサポートするSE社員 ・当社スクールのサブ講師を経て、Rubyを極めている社員 ・経験3年目で自社開発を手掛けるチェゲバラ系社員 などSES事業でスキルを身に着けて大活躍中です。 他にも自分のペースを保ちながら「成長したい」と 強い意志を持って入社した若手が多く在籍しています。