Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(16)

なにをやっているのか

株式会社NOKIOO ON-MO事業部(オンモと読みます)は、
女性活躍や子育てに関わる自治体事業の受託や、民間提案をしています。

例えばこんなテーマに対して、私たちのノウハウや課題意識が活かされています。
関わる人がワクワクするような事業を、自治体や連携先企業と一緒にチームで創るやりがい、成果が上がる達成感は言葉では言い表せません。

→主婦の再就職支援事業なら、

「ハッピーパートプロジェクト 短時間パート勤務を応援!ママが輝く再就職レッスン&イベント」

→女性活躍研修事業なら、

「働き女子のナイトミーティング 結婚や出産のライフステージ変化に向き合う女子会」

→女性起業支援事業なら、

「ホンキ女子のビジネス未来塾 全8回のマーケティング講座でビジネスアイディアを磨こう」

自治体では今、様々な行政サービスを外部企業の力で実施する(民間委託)ケースが増えています。
提案企業が持つアイディア・ノウハウ・人材を使うことで、より市民のニーズに合った効果的な事業にしようという流れです。

私たちは、ネットマーケティングのノウハウや、静岡県内4700人のママネットワーク「ON-MOプロジェクト」による女性の声やニーズを活かした事業提案をしています。

なぜやるのか

そして私たちON-MO事業部は、「ON-MOプロジェクト」を通じて、子育て中の女性の社会参画を実現することを目的にスタートしました。

《社会参画》とは、ママが子育てしながら社会と関わることです。

例えば、

→働きたいママが、希望を叶えて再就職できる。

→自分のスキルを活かしたいママが、在宅で仕事をする。

→家庭と仕事の両立に悩むママが、自信を持って仕事を継続する。

そのための機会提供(セミナーやイベント、情報発信)に、私たちは取り組んでいます。

「子どもがいることを理由にせず、自分らしくチャレンジし、子どもにも笑顔が増える」
そんなママが増えることが、ON-MO事業部が描く未来です。

自治体による市民のための事業(行政サービス)は、その地域にある不便や、対象者の「欲しい」を実現するものと言えます。

対象が女性、特に子育てママである場合、私たちが実現したい未来を自治体と一緒に目指すことができます。
しかも、行政サービスとしの信頼感と、私たち女性の当事者意識を活かしてです。

ON-MO事業部による自治体向け事業提案は、仕事を通じて地域に、そして女性に貢献する取り組みと考えています。

どうやっているのか

私たちON-MO事業部は、チームで仕事をします。

個々がバラバラにではなく、得意分野の違う個性豊かなスタッフが役割分担して効率的に動くことで、チームとして最大の成果を上げることを目指しています。

営業が得意な人、
アイディア豊富で事業企画ができる人、
業務効率化やプロジェクト管理が得意な人、
顧客フォローが得意な人、
資料作成が上手な人、強みを活かして仕事をします。

そして私たちのチームは、全員がママです。

1歳児から中学生までの子どもがいるママチームですので、みんな限られた時間の中で仕事をやり切ります。
無駄な業務は無くし、やるべきことに集中する仕事のやり方。
そして、子どもの病気の際は在宅ワークも活用し柔軟に対応しています。

時間制約を抱える中でも、子どもがいても、
熱中できる仕事を持ち、刺激し合える仲間と働けること。
そして何より、仕事を通じて成長できているという実感で、毎日が充実しています。

ソーシャル

私たちについて

私たちのミッションは、普通の人が、その置かれている環境や制約条件によって眠らせてしまっている「可能性」を引っ張り出すこと。人の能力を引き出し、生き生きと働くことは、その人とその周りの人や社会を輝かせます。
そのために、まだスタートアップのベンチャー企業ながら、ワークスタイルやビジョン、ありたい姿、論理思考・本質思考を大切にしてメンバーと共に成長することに価値観を置いたり、
子育て女性の社会参画支援事業を通じて、多くの子育て女性の可能性を引っ張り出すことに挑戦をしています。

投稿

株式会社NOKIOOの募集

もっとみる

地図

静岡県浜松市東区和田町919-3

Page top icon