Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

【Omise Life】

サワディーカー!現在Omiseバンコクオフィスでインターン生として働いているキムです。Omiseで働くことについて少し書いてみました。 

タイに着いてまもなく(ちなみに、私はタイバンコクの某大学で交換留学生として在学中です)Omiseオフィスを訪問した時私は一瞬「間違えたのかなー?」と思いました。オシャレなエリアにモダンなオフィスは自分が勝手に決めつけていた東南アジアのイメージとは遠かったからです。文句なしのオフィス(個人的にはプチグーグル感があるのでは、と思ったりもします。笑)に加えて、近くには色々なお店やカフェがたくさんあり、仕事帰りに少し気になったところへ寄り道するのが楽しみです。

はじめてのランチでは一つのテーブルで日本、ベルギー、ブラジル、韓国と四つの違う国籍のOmiseメンバーと共に、タイ料理を一緒に食べました。(コミュニケーションは当然英語です)今やとても普通に感じる日常の一部ですが、当時は印象的でした。

最近は日本でもグローバル企業を目指した動きが多いですが、Omiseは「グローバル」を売りにする会社ではなく、それが当たり前な会社です。現在はタイでてサービスを提供していますが、これからどんどん他のASEAN地域へ展開してく予定です。つい最近日本版のHPも出来上がったので、チェックして頂けたら嬉しいです。
https://www.omise.co/?locale=ja

社内で上下関係を感じることはありません。なにか問題があれば特定業務に詳しいメンバーに気楽に聞きに行きますし、現在のサービスを改善するためのアイディアが出てきたらSlackを通じてみんなで共有します。多くの会社のように「こうするべき」という決まりがないので物事が早く進みますし無駄な時間も減らせます。

朝が得意なメンバーは6時から出勤して3時に帰りますし、夜により集中できるメンバーは午後にきて夜作業します。会社が自主性を重んじてくれるので、結果自分が元気な時に働けて効率も上がります。現在私の隣ではタイ人のスタッフがギターを弾いてリフレッシュしています。

きっと今日の一日が順調に動いてるのもだれかの仕事によってできたものだと思います。毎日来る一日にきっとOmiseのサービスも役割を果たして、昨日より一層美しい一日を世界中の皆に届けたいー。そんな気持ちで世界中から集まった人々が働いている会社です。嘘臭いですが、本当です。バンコクにいらしたら是非遊びに来てください!

112aec18 74fe 4b17 8b00 3de5d2df96ce

Page top icon