1
/
5

なにをやっているのか

キャリアは人生そのもの。 わかっていても、 どうしても経験やスキルばかりに 目を向けてしまいがちです。 私たちは、「どんな人生を歩んでいきたいか?」 を何よりも大切に、"生きかた視点"で 理想のキャリアを描くお手伝いをします。 心から前向きに、覚悟をもって、 自分の未来を育てていくために。
【代表取締役・金井】1990年群馬県生まれ。埼玉純真短期大学を経て、法政大学キャリアデザイン学部に編入し、キャリアカウンセリングを習得する。リクルートキャリアに新卒入社し、人材紹介部門の法人営業として勤務。2017年4月に同社を退職。 2017年8月にポジウィル株式会社を設立。
当社は、20~30代の若手ビジネスパーソンを中心に支持を集めるキャリア相談事業「POSIWILL CAREER」を運営するHRスタートアップベンチャーです。 【求人紹介は一切いたしません。】 "求職者を紹介する"ことで"クライアント企業"から対価をいただく一般的な人材業界BtoBモデルとは異なり、 当社はポジウィルキャリアと言うプロダクトの"価値を提供する"ことで"個人のユーザーさん"からご料金をいただくビジネスモデルです。 【アドバイスは一切いたしません。】 ポジウィルキャリアでは、ユーザーのキャリア自律を促す支援をしております。 キャリア自律とは、環境や社会の変化の中でも、自らのキャリアを主体的に考え、自分自身を変化させ続けられるようになることです。 さまざまな悩みを抱えるユーザーさんに対して、傾聴の姿勢で聞き続けることでユーザーさん自身の内省を促すことで、環境ではなく自分自身が抱える本質的な課題を、自分自身で気づけるように支援していきます。また、キャリアカウンセリング理論をもとに構築された自社開発プログラムやワーク、診断ツールを用いて、課題(気づき)の解決を促し、自らの意思で理想の人生を歩んでいけるよう伴走します。 【ユーザーさんの変化にコミットします。】 ユーザーさん自身が自分の中に課題を見つけ取り組んでいくことは、ときに見たくないこと・見ないようにしていたことを直視することがあります。 ポジウィルはユーザーさんの苦しみを一緒に感じ、乗り越えていくことで、ユーザーさん自身の変化に徹底的にコミットします。 ================================ POSIWILL CAREERとは ( https://posiwill.jp/career/ ) ================================ POSIWILL CAREERは、キャリアに悩む若年層を対象にした「キャリアに特化したパーソナル・トレーニングです。これまでのキャリア支援サービスは法人から料金をいただき、個人は無料で使えるというのが一般的でした。そんな中、弊社は個人からご利用料金をいただき、人材紹介を行わないことでフラットに転職者の方と寄り添えるサービスを運営しています。

なぜやるのか

「あるべき、こわそう。」をコーポレートミッションに掲げるHRスタートアップベンチャーです。 【あるべき、こわそう。に込められた思い】 人の数ほど生き方があるはずなのに、私たちは、誰かとの比較や、 古くからの固定観念によって「こうでなくちゃ」 という見えない正解に縛られている気がします。 そうした“あるべき”や”生きづらさ”を解消して、それぞれが自分らしく歩める社会を、未来を、つくるために。ポジウィルは、人生の選択肢を増やしていきます。 星の数ほど、生き方を。 【代表の思い】 ■キャリアを考える原体験:「ママに会いたいと泣く傷だらけの子ども」 実習先の児童養護施設で、衝撃の事実に出くわしたのだ。虐待を受けて傷ついた子どもたちの存在です。母が恋しくても、家に帰れば虐待が待っている。 「虐待は100%親が悪いわけではなく、虐待せざるをえないストレスや環境に問題があると思ったんです。だからこそ、ストレスや環境に問題がある社会構造を変えられる仕組みを作りたいと思うようになりました。」 「私は無力でした。何もできなくてすごく悔しくて……。そういう子どもを減らすためには、親が満たされないといけない。その方法を考えたかったんです」 ■POSIWILL CAREERへの思い 「親だから、子供だから」「女性だから、男性だから」「いい大学に行けば、いい会社で働けば」と生きていると縛られてるものが大きいと感じています。。しかし、自分が本当にいいと思って選んだらそれでいいと思うんです。自分の人生には誰も責任とってくれませんから。 だからこそ、POSIWILL CAREERを通して、自分の考えで自分の人生を生きる人を増やしたいと思っています。 【今後解決したい社会課題】 「生きづらさ」を感じる方全てにお届けしたいと考えています。現在は、若手ビジネスパーソンに多くご利用いただいておりますが、今後女性/ワーママ/ミドルシニア/学生などテーマを変えることで社会の「生きづらさ」を解決する事業を展開していきます。 ■親子の「あるべき」 親に言われてやりたくもない習い事を続ける。親に言われた進路を歩んでいる。親の会社を継がないといけない。 親も子もそれぞれの人生があります。親だから、子どもだから、その関係性に縛られた意思決定を続けて自己肯定感の低い大人が増えています。 ■パートナーシップの「あるべき」 男性は仕事を、女性は家事をしないといけない。離婚すると「失敗」と言われる。 パートナーとは「こうあるべき」に縛られると個人の人生の意思決定を妨げてしまいます。 お互いの人生をより良くするパートナーシップのありかたを考える必要性が求められています。 ■女性の「あるべき」 30歳までに結婚しないと終わっている。役職についたり起業するのは可愛くない。男性を立てないといけない。 世間の「女性らしさ」に縛られて、「自分らしい」人生を歩めない女性が多くいます。 【私たちのビジョン】 「個を変え、社会を動かす、生き方支援カンパニーへ。」 2022年8月。私たちは5周年を迎え、新たにコーポレートビジョンを策定しました。 私たちがこれまで多くの方のキャリア相談に乗るなかで感じたのが、人の悩みは複雑に絡み合っていること。 仕事だけでなく、家族、人間関係、お金、コンプレックスetc… そのため、キャリア=人生と捉えて、包括的に解決していくことの大切さを痛感しています。 「生きていく中で何かに悩んだら、まずはポジウィルに相談する。」 そんな未来をつくっていくために、私たちはこれからも一人一人の人生に向き合い続けます。 ==主なメディア掲載実績== 「求職者からお金をもらう!?前代未聞の転職支援サービスに注目 #テンカイズ」https://note.com/tenkai_tbs/n/n4ce9faf3b85e 「大切なのは「今後、どうありたいか」不可能と言われていたサービス実現の背景」 https://www.wantedly.com/hiringeek/interview/rc_nur12/ 「ライザップ風にキャリア支援 若手エリートの悩み相談」 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO73213180U1A620C2000000?channel=DF180320167086 ==============

どうやっているのか

2020年8月。 ポジウィル株式会社が軌道に乗りはじめ、社員数が20名を超えた頃。 さあ、これから頑張るぞと立ち上がろうとしたときに組織は内部から崩れていきました。 会社としての理念と、社員ひとりひとりの理念が言語化できておらずすれ違いが増えていったことが原因でした。 社員全員が同じ方向を向くため。社員全員で遠くに行くため。ミッションを叶えるため。 私たちの採用基準や行動指針となる5つのバリューを制定しました。 【POSIWILL 5 VALUE】 1.ゴール思考でいこう。 すべては、顧客の成功のために。本当にやるべきことだけにフォーカスし、顧客と共に目標達成へ進もう。 2.自分から動こう。 課題を見つけたら、みずから動いて改善しよう。失敗をおそれて躊躇するよりも、打席に立ち続けよう。 3.素直に語ろう。 違和感をスルーせず、意志をもって相手に伝えよう。そして、仲間からの発言は素直に受け止めよう。 4.違いを愛そう。 それぞれの違いは、チームの可能性。仲間にリスペクトをもって、違いを活かしてシナジーを生み出そう。 5.とことん学ぼう。 積極的に、その道のプロから学ぼう。向上心のアンテナをとがらせて、学びの機会をみずからつくろう。 【カルチャー】 ■社員同士の相互理解促進のためにさまざま取り組みをしています! ・部活動(現在10個以上の部活が活動中) ・トレーニング設備 ・卓球設備 相互理解をサポート!福利厚生 ・POSIWILL CAREER 無料体験 ・チーム合宿費用補助 ■社員のライフスタイルに合わせて柔軟な働き方が可能です! ・フルフレックス(コアタイムなし) ・リモート勤務可 ・PC(MacBook)貸与 ・モニター貸与 ・オフィスグリコ(社内コンビニ) ・オフィスオアシス(社内コンビニ) ・TOKYO MIX CURRY(オフィス向け出前サービス) ・会社グッズ(名刺,Tシャツ,パーカー,カレンダーなど入社時に支給) ■社員の中長期的な継続的な成長に向けて支援をしています! 出産・育児をサポート! ・結婚/出産時特別休暇 ・育児休業制度 スキルアップをサポート! ・社内勉強会(外部パートナーを招いての講演会) ・図書購入補助 ・資格取得費用補助(キャリアコンサルタントなど)