1
/
5

創業者の「ありがとう」と企業の数値。写真で振り返るPROOX History イベント編

こんにちは、プルークス コーポレート戦略本部の山本直樹です。

海の日も過ぎ、夏本番がやってきましたね、先週の土曜、プルークスでは18内定者を含めたメンバーでBBQをしてきました!炎天下の中でしたが、名幹事のおかげもあり、楽しい時間を過ごすことができました。

比較が難しいのでなんとも言えませんが、社員1桁のスタートアップに入社して4ヶ月目、プルークスは社内イベントが活発な会社だと思います。そして、これまで様々なイベントをしてきましたが、毎回代表の皆木からメンバーへイベントの締めやイベント後のメッセージで贈られる言葉があります。それは「ありがとう」と言う言葉です。

1年で60%、3年で38%

突然ですが、この数値がなんの数値かお分かりになりますか。
諸説ありますのでこの数値が絶対ではないのですが、これは企業の存続率を年数ごとに表した数値です。

例えば100社が同時に創業したら、1年後には40社、3年後には62社が姿を消すということになります。
その原因は様々ですが、多くは人の問題と言われています。「採用がうまくいかず、人手不足のまま業績が悪化していく」「採用しても人が定着せず、事業が運営できない」など。

そして今、プルークスは3期目を迎え半年が経過しました。いかようにもし難い、3割の壁に向かって突き進んでいる訳ですが、プルークスの3期目上半期を会社イベントの写真で振り返ってみたいと思います。


1月、初の社員旅行@金沢。役員2名、社員2名。まだ私も入社していません。


3月、少し人が増えました!これは「動画会社ならVRをやっていかないと」と言う思いつきでお台場に
遊びに行きました!ちなみに一人だけ先走ってゴーグルしてるのが皆木です笑。


4月、会社3期目にしてとっても素敵な新卒1期生を迎え入れることができました!初の女性プランナー。
ぜひ、彼女のインタビューをご覧になってみてください!


5月、中途メンバーの歓迎会。会社初の営業アシスタントの方にご入社いただき、一気に会社のバックオフィス
が強くなりました!


6月、会社初の合宿。半年前とはもはや別の会社みたい笑。


7月、内定者も集まってのBBQ&愛ちゃんBirthday!
メンバーの誕生日はみんなでお祝いするのもプルークスの文化


もし自分が創業者だったら、なんと言うだろうか。

1月と7月が同じ会社の全メンバーとは思えないですね(笑)。数字上は、4名から14名(入社予定含め)と、約3倍になった訳ですが、それ以上の大きな変化がたった6ヶ月で起こっている気がします。

これまでの社会人人生の中で経営者や役員の挨拶を何度も耳にしてきました。特に節目や大切なイベントごとの挨拶では、従業員への感謝が冒頭に述べられます。あまりその言葉の意味を深く考えたことはなかったのですが、今はその言葉の捉え方が少し変わってきました。

当たり前のようで実は存続することすら難しいビジネス環境の中で、たくさんのメンバーが集まり、笑顔に溢れた楽しいイベントの時間を会社メンバーで過ごすことができる、これは私たちが思っている以上に、実は幸せなことなのではないでしょうか。

だからこそ、皆木は「ありがとう」を毎回伝えているんだと思います。
そしてプルークスはまだまだ変わっていきます!2017年を変化の1年と位置付け、事業やサービス、組織や制度を革新し成長し続けます!半年後、4期目を迎え、どんな振り返りができるのか楽しみにしていてください!

株式会社プルークスでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング