1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【社員紹介.01 】最前線で走り続ける女性営業、どんな人?

こんにちは!若旅です!
今回は、投資用不動産営業として最前線で走り続ける阿部美紀さんにインタビューしました!

Q1.どんな学生だったの?

A.昔からどんなことでも突き抜けたいタイプでした。

大学時代はパチンコ店でアルバイトしていて、会員カードの契約業務を行っていました。
1日1件獲得すれば褒められる環境でしたが、私は10件、20件とこれまでの記録を大きく塗り替えることにこだわり続け、歴代ダントツ1位の実績を残しました。

でも、成果以上に嬉しかったのは、「この方からご契約いただくのは難しそうだ」とみんなが声を掛けない方に積極的にアプローチして契約につながった時。

成果をあげて人に認めてもらえる瞬間が何よりの喜びでした。


Q2.プロパティエージェントに入社を決めたきっかけは?

A.「男も女も関係ないよ」という女性マネージャーの言葉です。

「社会人になっても成果をあげて人に認めてもらいたい」そう思って臨んだ就職活動でしたが、現実は違いました。「女性は女性らしく」言葉にしないまでも、そう考えていることが透けて見える会社ばかり。

でも、プロパティエージェントだけは違った。
会社説明会に登壇した女性マネージャーの方が、きっぱりと言い切ったんです。
「うちの会社じゃ男も女も関係ない。女性だからとひいきされることもない」と。
普通の女性なら引いてしまうような発言だったかもしれません。
でも、私にとってはとても気持ちのいい言葉でした。役員との面接でも「ダントツでありたい」という思いを受け入れてくれて。まだ内定も出ていないのに「私、御社に決めました!」と前のめって発言してしまったのは、今でも笑い話になっています(笑)。

Q3.そんな阿部さんにも「変わるきっかけ」があったそうですね

A.ある上司の言葉に脳が震えるほど衝撃を受けました。

実は、長く上司でいてくれたある方に影響を受けて、私自身大きく意識が変わったんです。
この上司と出会う前の私は、うまくいかないことがあると周りのせいにばかりしていました。
ある日、「このお客様は契約しないと思います」と言った時のこと。
上司は私にこう言ってくれました。
「このお客様が契約しないんじゃない。阿部がお客様に価値提供できていないだけ」と。
この言葉に脳が震えるほど影響を受け、その日以来、自分のスタンスが大きく変わったのです。
「どうすればもっとお客様に価値提供できるだろう」そればかり考えるようになってから、さらに成果が残せるようになり、いつの間にか家族ぐるみで長期的にお付き合いするお客様に囲まれていました。

Q4.どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

A.お客様のライフステージが豊かに変化するのを感じられる時ですね。

実は、プライベートにおける欲があまりなくて(笑)。
暇ができればお客様に会いに行きたいと思っちゃうタイプ。
私にできることはなんでもしてあげたいという気持ちをいつでも持っています。
それがお客様との信頼関係に繋がっているのかな。

担当したお客様に食事に招いていただいたり、出産祝いを届けたりと家族ぐるみの交流もあります。
出産をお祝いした赤ちゃんが、今では私を「お姉ちゃん」と呼んで慕ってくれます。
こういったお付き合いを通して、お客様のライフプランが豊かに変わっていく過程を見ることがてきると、とてもやりがいを感じますし、何より本当に嬉しいですね!


プロパティエージェントはバリバリ働きたい女性を大募集しています!(もちろん男性も!)
男女の区別なく成長できるプロパティエージェントでChallengeしてみませんか?

プロパティエージェント株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう