Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

------------- 事業内容 ------------- 弊社は、デイサービス向けリハビリ特化型SaaS 「リハプラン」の開発をしています。 デイサービス施設では、きちんと歩くことができない、1人で立つことができない、など要介護者が多数いらっしゃいます。ただ、リハビリをすれば良くなる方も多数いらっしゃいます。 ですが、デイサービス施設にはリハビリの専門家である「作業療法士」がほぼ在籍しておらず、適切なリハビリテーションを提供できていない現状があります。 それを解決するために開発されたのが「リハプラン」になります。 リハプランには、2000種類のリハビリプランがあります。 競合製品は200程度になりますので、10倍程度のプランがありますので、現場で働く方々があらゆる場面に対応することができます。 ------------- 「デイサービス」、「作業療法士」とは? ------------- リハブを説明する上で重要なキーワードとしては、「デイサービス」、「作業療法士」です。日頃馴染みがない言葉だと思いますので、説明いたします。  a)デイサービスと老人ホームの違い   よく間違えられやすいデイサービスと老人ホーム。    ーデイサービス:     日帰りで施設に通い、食事や入浴など日常生活上の介護や機能訓練等を受けることのできるサービスです。    ー老人ホーム:     要介護認定を受け、かつ自立生活が困難な高齢者が入所する施設を指します。  つまりデイサービスは「通い型」、老人ホームは「入居型」になります。  b)作業療法士と理学療法士の違い   様々な違いがあります。最大の違いは、機能回復のためのリハビリを行う理学療法士に対して、   作業療法士は社会適応に向けた心と身体のリハビリを行います。    ー理学療法士:     機能回復のためのリハビリを行います。     起き上がり、筋力強化、座位保持、車いす移乗、歩行などが対象です。     一般病院・総合病院、リハビリテーション病院、老人保健施設、スポーツ関連施設など    ー作業療法士:     社会適応に向けた心と身体のリハビリを行います。     食事、料理、遊び、スポーツなどを通して、心と身体の両面から回復をサポートします。     一般病院・総合病院、リハビリテーション病院、精神科病院、老人保健施設、障害者福祉施設、児童養護施設など ------------- 「デイサービス利用者」と「作業療法士」のアンバランスな環境 ------------- 前述した通りデイサービスは通い型の介護施設です。また、デイサービスに足を運ぶ要介護者はリハビリを必要としている方が多くいらっしゃいます。 ただ、「デイサービス利用者」と「作業療法士の人数」は アンバランスな環境にあります。  ・デイサービス施設数:43,000事業所  ・デイサービス利用者:2,000,000名(200万名)  ・リハ国家資格者  :4,368名。 つまり、  ・デイサービス 1施設当たりのリハ専門職 人数:0.1名  ・作業療法士 1名当たりのデイサービス利用者数:457名 という「超」アンバランスな環境にあります。 デイサービスには介護士やアルバイトなど多数在籍をしておりますが、前述した通り、社会適応に向けた心と身体のリハビリを行う「作業療法士」はデイサービスにほぼ在籍はしておらず、要介護者が再度健康になるための手伝いをできる方は少ない現状です。

なぜやるのか

------------- リハプランの導入施設数と今後の展望 ------------- 現状のリハプランの導入施設数は200を超えております。 2018年1月時点では、導入施設数が6でしたので、着実に伸びている実感を感じています。 今後、更なるドライブをかけて導入施設を増やしてまいります。また、現状デイサービス施設に導入展開をしておりますが、将来的には別施設にも導入をする予定です。 2つに分けて記載します。  (1)デイサービス施設には5年で10,000施設に導入を目指す   2018年7月時点で100弱の施設に導入済。   2019年には500施設。   2020年には1500施設。   そして5年後の2023年には10,000施設の導入を目指しています。   世の中にデイサービス施設は43,000あり、10,000施設の導入を成し遂げても、残り33,000の   導入余地があります。  (2)老人ホーム、ショートステイなどデイサービス以外にも多数導入可能   リハビリを必要としている施設はデイサービス以外にも多数存在します。 全体で10万の施設へ導入可能性があります。 ------------- リハプランを取り巻く環境を3つの数字で説明 -------------  (1)3ヶ国(そのうち1つが日本)  2020年時点で「超高齢化社会」と言われる国は3ヶ国しかありません。日本は26.7%が高齢者となっています。これは世界でTopです。また、2020年段階で超高齢社会になる見込みがある国は日本のほかにイタリア、ドイツしかありません。日本は世界中で高齢者率はTopであり世界一の長寿大国といえます。 つまり高齢者を元気にすることによって、日本全体も元気になっていくことを意味しています。  (2)1%  日本の作業療法士・理学療法士等のリハビリテーション国家資格を持つ専門職の人数全国に約27万人。そのうちデイサービスに勤務するリハ専門職は4,300人程度。つまり、デイサービスには、1%程度しか働いていない計算になります。  主にリハ専門職は医療機関(一般病院、総合病院、リハビリテーション病院など)に勤務することが多く、介護現場のリハビリは質・量ともに十全ではない事実があります。  だからこそ、私たちは「職種を超えたリハビリ介護」をコンセプトに掲げ、要介護者の生活機能が低下していくのを業種如何に関わらず未然に防ぎ、質の良いサービスを効率的に供給していくシステムづくりを提供すべく、介護事業所向けリハビリ特化型SaaS「リハプラン」を開発いたしました。  (3)190兆円  2015年度の社会保障費は114兆円です。 2041年度には190兆円に増大予定です。 日本のGDPは現在約500兆円になりますので、社会保障費にどれだけ割いているかご理解いただけるかと思います。また、そのうち介護費は8.7%の10兆円(2015年度)と言われています。介護費の比率も上がることになり15%の30兆円の予測です。 高齢化社会になっていることはご理解いただいているかと思いますが、日本も国をあげて社会保障費を上げ、介護費比率も上げており、リハプランにとっては追い風となっています。 ------------- 「リハプラン」が競合製品よりも評価を受ける理由 ------------- 「リハプラン」はデイサービス向けリハビリ特化型SaaSサービスになります。 つまりデイサービス内で利用されている、リハビリ手法を用途別に見ることができるクラウドサービスとご理解ください。 競合サービスはいくつかありますが、リハビリ手法の用途数がリハプランは2,000に対して競合製品は200程度です。 約10倍の用途を想定してサービス開発をしておりますが、これは代表である大久保が元作業療法士であること、またCTOの小山の技術力も大きく起因しています。 また、細かくサービス設計されていることも魅力の一つです。 例えば、デイサービスの利用者が「一人でトイレに行けるようになりたい」という目標を立てたとします。 これを達成するためには、「トイレまで歩く」「ドアを開ける」「便座に座る」…などいくつかの動作ができることが必須です。 目標達成に向けてリハビリをするには、どういう動作が必要になるのかをひも解いて、利用者の身体能力に応じたプログラムを組む必要があります。これは専門家でなくては難しい作業ですし、「一人でトイレに行く」を細かくステップに分けて プログラム設計をしている競合製品は他に無いのではないかと思っています。

どうやっているのか

------------- リハブのミッション ------------- リハブのミッションは、 「介護に関わる全ての人に、夢と感動を。」 です。 これは、介護を「する側」と「される側」を全て入れています。 人間は年齢が高くなると、思うように体が動かなくなってしまうことがあります。 また、怪我や病気をしてしまうと、それを機に夢を諦めがちになってしまうことも 多いのではないかなと思います。 怪我や病気になってから健康の大切さを痛感することが多々あり、健康で生活をすることがいかに幸せだったのかを気づくことも多いです。 ですので、要介護になってしまうと、介護を「する側」も「される側」も夢を諦めざるを得ないことになってしまいがちですが、リハブが世の中に広まることによって、リハビリを行い、健康体として過ごすことができれば感動的な瞬間を体験することができることが多くなってくるかと思います。 リハブは実態としてはデイサービス向けのクラウドサービスを開発しておりますが、 「介護に対してすべての方に夢と感動に」 というミッションを達成するために日々動いています。 ------------- 2021年の上場を目指して ------------- サービスをリリースして11ヶ月。2019年1月時点で導入施設数は200を超えており順調に推移しております。 リハプランはSaaS型のクラウドサービスですが、ビジネスモデルは月額固定課金になります。 現状1施設当たり30,000円程度頂戴しておりますが、2021年には3000の施設に導入するロードマップを引いています。 安定したビジネスモデルになりますので、顧客も社員も株主も安心して頂けています。 ------------- 支える介護から「自立型の介護」へ ------------- 介護と聞くと、介護職員が要介護者を支える、というイメージがあるかと思うのですが、要介護者もご自身のみで「自立」してリハビリを進めることもできます。 例えば、一人でベッドから立つリハビリをする場合は、ステップが4〜5つあります。 そのステップをデイサービス職員が正確に理解していない現状があるため、リハプランを用いてリハビリステップを確認します。 そのステップを要介護者に伝え、ご自身で4〜5つのステップを日々取り組みます。 すると、改善することも多数あります。 前述した通り、デイサービスの施設数に対して、作業療法士の人数は非常に少ない現状です。 ですので、要介護者が「自立」してリハビリをする必要があり、それを支援しているのがリハプランになります。 ただ、「自立」のみならず、デイサービス職員が手を貸してリハビリを行うための手法もリハプランにありますので、ご安心ください。 ------------- 代表 大久保の経歴 ------------- CSR(企業の社会的責任)に興味を持ち法政⼤学⼤学院に通い、高齢者の力になれる仕事がしたいと思い作業療法士に。 リハビリ特化型デイサービスや救急病院で約10年間従事していたのですが、在宅介護(通所介護/訪問看護)や医療機関(救急)の現場経験から「リハプラン」を開発しました。 大久保のキャリア上の特徴としては、「作業療法士」出身であること。 介護、医療×ITのスタートアップ系企業は医療従事者が立ち上げることが多いのですが、作業療法士出身の起業家はほぼおらず、現場感を持っていることが強みとなっています。 ------------- 強固な経営メンバー ------------- COO:平⼾嵩⼈。 ⼤阪外国語⼤学。キーエンスにて営業に従事し、全国ランキング1位。 その後、⼤学院にて地⽅創⽣の研究を⾏い、富⼠通総研、さとゆめで地⽅創 ⽣業務と並⾏して、スタートアップ企業の営業責任者として従事。 CTO:⼩⼭⻯太郎 慶應義塾⼤学。地⽅銀⾏に⼊⾏。その後ワークスアプリケーションズでシステム開発。MBA講師を⽬指してグロービスに⼊社。その後、医療系ベンチャー ミナカラで取締役及び技術責任者。 2019年1月時点で従業員数は21名となっています。

Page top icon