1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

オフィスでの作業風景
RHEMS技研(釧路市)との会議風景
「社会を良くしよう」をITで応援する。 RHEMS Japanはインフラエンジニアの集団です。企業を顧客として、ITシステムの構築・運用・開発等をしています。一般に、企業は社会のため、自社の理念を達成するために存在しています。そんな企業のITインフラを守る私たちは、顧客企業の理念を達成するためのお手伝いをさせてもらっているのだと思います。企業と一緒にシゴトをすることで、結果的に社会がよりよくなる、これは私たちの喜びですし、なんだかワクワクしませんか? 私たちが展開する事業/サービスは以下のとおりです。 【 フルマネージドホスティング事業 】 『コンシェルジュ for AWS』 https://bit.ly/2MmEgeQ https://nkbp.jp/2OQ09EW 『セミマネージドホスティング』 https://bit.ly/2ngwCYh 【 フルマネージドに関する開発事業 】 『WoliPa for biz』 https://bit.ly/2MtM8eF 【 Amazon Web Services推進事業 】 APN コンサルティングパートナー https://amzn.to/2vqJ2kR 【 IoT研究 】 RHEMS技術研究室(北海道釧路市) https://bit.ly/2OOuDHn 【 デザイン事業 】 株式会社RHEMS Design lab (大阪市) https://www.rhems-design-lab.co.jp/

なぜやるのか

代表の佐藤。彼の「思い」に賛同して集まったメンバーによりRHEMSは成り立ってます。
2009年に創業した当初、創業者の佐藤と創業メンバーの北島(私)はわずか1社しかないお客様に対して、持っている知識や経験を駆使し、なんとかお客様のサーバー運用や改善ができないか、時にはお客様の要望を超えてさらにチャレンジングな提案もしてきました。結果的にプロジェクトは成功し、お客様の信頼を勝ち取り、現在に至っています。当初、RHEMS Japanは理念なんか無くただガムシャラに「お客様のためになりたい」そんなことを考えながら毎日を過ごしていました。その頃の成功体験は確実に現在のRHEMS Japanの血となり肉となっています。創業当初、私たちが漠然と考えてたことをあえて言葉にするなら、 「ITをうまく使いこなせてない人たちをサポートすることで、お客様企業の業績があがる。それはつまり、顧客企業の理念達成の手助けを私達はしてるということで、顧客企業がその理念を達成する過程で社会はより良く、幸せになるに違いない。」 ということです。私たちのもつIT技術を通して、ゴールに向かって走っている人や企業をとことん応援することがRHEMS Japanの存在する理由です。

どうやっているのか

立ちながらの仕事や、休憩、雑談など人が集まるスペースです。
好きな本は何でも買います!自分を高めたいエンジニア待ってます。
RHEMS Japanは、一人でも事業を運営できる人材が集まっている会社のため、創業以来10年間はメンバーの自主性に任せてきました。しかし今後10年、20年と成長するためには、若手の育成が欠かせません。創業10年を期にRHEMS Japanでは組織を見直し、人材育成に全力で取り組んでおり、未経験の方でも活躍できる環境作りの一環で以下の制度を設けています。 【 スキルアップサポート体制 】 RHEMS Japanの社員は8人中7人がエンジニアのため、未経験者でも安心して学べる環境を用意しています。また、エンジニアのキャリアパスにとって重要なAWSの資格取得支援や、会社負担で取得できる資格も用意しています。 【 リモートワーク、フレックス制度の導入 】 働きやすい環境作りの一環としてリモートワーク、フレックス制度を導入しています。最初は先輩社員のもとで社内にて技術を習得していただきますが、最終的にはお互いに納得のいく働き方を一緒に見つけ、最高のパフォーマンスを発揮できる環境づくりを目指しています。 【 充実した休暇制度 】 夏季休暇制度、クリスマス休暇制度、リフレッシュ休暇制度(年に3日、有給休暇とは別に支給)など、充実した休暇制度を設けています。仕事だけでなく、プライベートの充実も大切にしています。