1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

2人だけの結婚式から個性的な大規模パーティーまで対応可能。自由度の高さと臨機応変な対応が強み。
気取らず、ありのままの笑顔の結婚式をご提案
「世界でたったひとつのデザインを描くように結婚式を創りたい」 それが、私達リア・フィーユの原動力。 近年、首都圏を中心により自由なスタイルを提案するウェディングプロデュース会社も多くなってまいりました。しかし、東北はまだまだ従来の形式的な婚礼文化が根強い地域です。どんな結婚式も素敵で幸せなものですが、もっと2人らしく、もっと個性的に、自由でルールに捉われないウェディングの素敵さを仙台から発信していきたい!そして、東北の結婚を検討しているカップルや東北のウェディングマーケットの価値観を変えていけるような事業を展開してたいと考えています。そんな想いから2016年5月宮城県仙台市にて立ち上がったばかりのウェディングプロデュースブランドです。

なぜやるのか

ルールに捉われない本物のオリジナルを追求します
仙台市内のレストラン、結婚式場、カフェ、ガーデン付一軒屋、キャンプ場などプロデュース可能な提携会場様も増えています
「運命のドレスに出会った!」 「親友が腕の良いカメラマン!結婚式で撮影を頼もう!」 「よくデートしたカフェでのウェディングって素敵!」 その素敵なご希望、今までのウェディング業界では全て叶えることが出来ないご希望でした。 従来のホテルや専門式場では、ウェディング業界特有のルールがあり、会場提携外の衣装や引出物を持ち込むと持込料という追加の金額が発生し、契約していない外部のカメラマンやヘアメイクスタッフはお断り、当然ながら決まった挙式会場や披露宴会場を利用する、というのが条件になります。これまで当たり前のように浸透していたこの仕組み、なんだか不自由だなと思うのです。 ルールに捉われず、「本当のオリジナル」を追求するウェディングをご提案するため、 私達はこれまで業界では当たり前だったルールを全て無くしました。 何のルールも制限も無いフラットな状態からおふたりらしさを引き出すご提案をするために、 そして新しいウェディングの価値を東北のお客様に提供するために、私たちは働いています。

どうやっているのか

お客様にウェディングのご提案する時には「コンセプトシート」を各メンバーが作成し、唯一無二のウェディングをご提案
リア・フィーユを素敵なブランドにする!という想いを持ったメンバーが働いています
2016年5月に立ち上がったばかりで、知名度はまだまだ。 しかし、リア・フィーユの想いに共感してくださったお客様からのお問合せも少しづつ増えてきており、既に数組様のプロデュース実績があります。徹底したヒアリングから紡ぎだされるウェディングコンセプトのご提案~プランニング・挙式当日のディレクションまでを行うのは「ウェディングデザイナー」の仕事。おふたりの人間性や価値観、どんな人生を歩んでこられたのか、など深い部分までコミュニケーションを取っているからこそ提案できる結婚式の実現を目指しています。 現在、専属のウェディングデザイナーが2名とアシスタントが数名いる状況で、組織としての仕組みづくりや業務フロー、パートナー企業の選定や広報戦略の検討を行っているタイミングです。決まった仕組みが無いのは、大変ですし苦労も多いですが、ゼロから事業を創り上げていく楽しみを感じながら、各メンバー仕事に取り組んでいます。