1
/
5

なにをやっているのか

=========================== 活力ある社会をめざして 私たちは、社会を設計する会社です =========================== <類設計室> ー企画から設計、営繕まで。活力ある場をつくるー 設計・監理/施設運用/事業構想 <類塾> ー遊びから学びまで一貫して子育てを支えるー 一貫コース/全日制類学舎/自然教室 <類農園> ー農作物を生産し販売。産地と消費地の接点をつくりだすー 循環型農業/産直事業/農業コンサルタント <類宅配> ーつながりを広げ、地域の活力を再生するー ポスティング事業/マーケティング事業 <類管財> ー地域の建物を守り、資産価値を高めるー ビルのメンテナンス/資産運用

なぜやるのか

私たちは「設計」を、「ある目的を具体的なカタチにして、活動していくこと」と考えています。 活力ある社会をめざして、みなさまとともに、課題を本源から深く追求し、新しい解決策を見出し、あらゆる枠組みを越えた活動に挑戦しています。 その活動は、1972年に建築設計事務所として産声を上げた時から始まっています。 企画、設計から運用までクライアントの戦略パートナーとして応えてきました。 この経験を礎として、1975年、将来に活きる本物の教育、1999年、人と自然をつなぐ農業など、 社会の様々な分野で事業を設計し、実践。 今年、創立50年を迎えることができました。 こうして私たちが多岐にわたる事業を生み出せたのも、みなさまと一体となり、ともに社会を歩み続けた結果です。 時代は、大きく変わろうとしています。 私たちは、今日まで設計してきた「生きる源」をつくる建築・教育・食を基盤に、社会に活力を与え、みなさまの期待に応えていきます。

どうやっているのか

小中学生から社会人までが集う実現塾
共同保育室
<実現塾> 「実現塾」では、小・中・高・大学生から社会人までが一堂に会し、生物の進化や社会の生々しい現象を題材にして最先端の事実を追求しています。 世界中の誰も答えを出せないような未明課題を、200人を超える大人数で潜在思念を研ぎ澄まして追求してゆく一体感と、そこで展開される構造認識によって、数々の新認識が生み出されていきます。 <劇場会議> 部門や立場を超えて、みんなで追求できる代表的な場が「劇場会議」です。 テーマは、世界情勢・経済情勢、社会潮流・意識潮流から、具体的な組織課題・経営課題まで。全社員が一堂に集まり、問題構造や勝ち筋を追求・共有し、会議が終わったら即実行。この方針共有スピードの速さが類グループが次代に先駆けて、さまざまな事業を実現できる秘訣です。 <社内ネット> より主体性が求められる、日常的な追求の場が「社内ネット」。 仕事を進める上で不可欠な内容はもちろんのこと、成功体験や失敗体験の共有から、各メンバーに対する厳しい指摘や体制問題にいたるまで、あらゆる内容が投稿されています。その数、1日200投稿以上!1日でも社内ネットを見逃すと、仕事にならないほど。 また、社内ネットは劇場会議に並ぶ最高意思決定機関でもあり、みんなに公開された場で、さまざまな事項が決定されていきます。 <自主グループ追求> 時代や社会の変化スピードに応えるには、個人のスキルではなく、集団としての追求力が求めらます。あちこちで行われる「自主グループ追求」は、類グループの進化を加速させるエンジンです。