1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

「西のサクライ」として加工技術の精緻さなどで知られる老舗企業。
パイテック(桜井鉄工所)は、超大型の壁紙やフィルムなどを形づくるロールをはじめ、多種多様な機械で使用される大型のモーターやシャフトといった高性能回転体製品を手掛けています。化学、食品、製鉄、製紙、エネルギーなど分野は幅広く、超大型の産業ロールからミクロの領域まで「丸モノ」加工の技術力を強みに、現在では「西のサクライ」として業界で揺るぎない地位を確立しています。 大手企業はもちろんのこと、北海道から九州まで多くの会社と取引をしています。表に出る製品ではありませんが、発電所のタービンといった大切な部分をはじめ、大型船舶のシャフトなどに使用され、黒子として日本の発展と生活を支えています。

なぜやるのか

お客様に信頼され続ける企業を目指して。
パイテック(桜井鉄工所)は1941年に創業してから、製鉄や製紙といった機械部品の加工や製作を行うことで、産業の発展に貢献してきました。長年積み上げてきた実績が生み出すオリジナル製品と加工技術で業界に確固たる地位を築き、様々な分野において高い評価をいただいています。 現在、私たちを取り巻いている社会環境は驚異的なスピードで変化し続けています。それに合わせるように産業界のニーズも少しずつ形を変化させています。多様化が進む時代のなか、今一番望まれているものは何かを的確に把握し、高品質なサービスに結びつけることがなにより大切です。 私たちは、柔軟な感性と独自の技術をさらに磨き、お客様に信頼され続ける企業を目標に社員一同邁進していきます。

どうやっているのか

アットホームで風通しの良い職場です。
パイテック(桜井鉄工所)は高品質、高付加価値製品の創造を追い求めるため、「人材育成」には一段と力をいれています。業界研修や各種セミナーなどを上手く使い、社員のキャリアアップとスキルアップに努めています。グループの総合力向上のため、毎日のように切磋琢磨しています。 また、当社では品質や生産性を上げるためQCサークル活動を推し進めています。 それぞれの職場内にて月に一回のミーティングを行うほか、3か月に一度、グループリーダーが本社に集い、取り組みなどの成果発表会を行っています。 当社は、若手社員が多く活躍しています。社長とも距離が近いため風通しが良く、アットホームな雰囲気の職場です。