新しく購入した書籍を追加しました。注目は、ジョセフ・アルバースの「配色の設計 色の知覚と相互作用」だと思います。UX系の書籍を追いかけると新しい理論や実践書に目を向けがちですが、50年以上も前から語り継がれてきた色彩設計の教育法は現代でも色褪せず、学ばされるところが多いと思います。

https://librize.com/scivone

Page top icon