社長百景 3「オトナになったとき」 

Aの改革を実現するのは、別の考えBをする人ではなく、
Aの中にいる人である理由

Aの中にいる人は、Aの良い面も悪い面も、
すぐには出来ない事情や、背負っている責任も、全て理解しているから、
かなり力が付いたら、本当の改革が出来る可能性がある。

一方、Aにただ反発して、簡単に外でBをやる人は、
外で初めて、Aがやっていたことさえ出来ないことに愕然とするので、
Aを超えるどころか、結局A以下だった自分を知るだけ。

たとえば、自民党を超えたければ、超自民党になれば、それは可能だろう。
小泉さんはその力があったように思う。
反発して、飛び出した現民主党をつくった面々は、
バラバラになり解党状態であると言えるだろう。
そこからは、本当の改革は生まれないだろう。

そもそもそういった、
人間の歴史や、世の中の構造を理解する「感性」と「活用する力」の弱い、
単なる不平不満の多い子供には、変革など、どだい無理な話。
それを、俗に「基本」と言うのだろう、基本の無い個性が花開くことはない。

私も若い頃は、「オトナは変革を望んでいないのでは?」と思ってた。
それだけ、私が子供だったという事です。
実は、若い人が思っている以上に、オトナは変革を望んでいる、
世界をより良くしたいと日々戦っている。

そして、若い人の中にあるエネルギーが、
「甘え」なのか、「可能性」なのかを、ちゃんと見ていて、
可能性には惜しみなく支援するし、
一方、甘えは容赦なく潰すのが、オトナってものなんだな・・・、
と知った時、私も大人になったのだ。

B140779b 5424 483f b631 1c303f5dfd80

Page top icon