【 本当のエステティック・シエナ物語 第2章:自由な存在 】

あっ、猫。
私を見ている・・・。

こういう時、集団行動をしない彼女たちの感性は、ついて行くに値する。
私を知らない世界の入り口へと導いてくれる存在。

路地裏への小さな冒険は1分とかからなかった。
その子は、ツリーハウスのような建物に私を案内すると、
というか、私が勝手に後ろをついてきた。

猫は、スタンドカフェのカウンターに座り、毛づくろいを始めた。
SHIJIMI CAFE (じじみカフェ)
こんな住宅地の路地にカフェ?

そういえば首輪が付いている。
「貴女は、飼い猫なの?」

「シジミと言うんです。首輪は付いてるけど、彼女は自由な存在なんです」
自由な存在か・・・、私はどうなんだろう?自由な存在なのだろうか?

声をかけてきたのは、不思議な佇まいの女性。
察するに、私よりは上だと思うけれども年齢不詳・・・魔法使い?

「ここはカフェなんですか?」
「ええ、でもエステティックサロンなんですよ、本当の」

「えっ?エステティックサロン?」
「そう、本当のエステティックサロンなんです」

「本当のエステ?」

0a526cf7 60db 413d b034 c3b1dc6d50ea

Page top icon