1
/
5

研究者の黒沼誠也             Employee Interview 2: Seiya Kuronuma

読者の皆様、第2回目のインタビューは森未来の木材研究者、黒沼誠也さんです。黒沼さんは、約1年前にインターン生として森未来に入社し、4月から社員として働いています。森未来での仕事の他に、現在も東京農業大学で研究をされています。


黒沼さん、まずはウォーミングアップの質問から。好きな木の種類は何ですか?

ハードメープルでしょうか。木目が美しいだけでなく、研究にも使っています。

森未来でのお仕事について教えてください。

私の仕事の中心は、弊社のマーケティングデータの解析です。それ以外では、木材サンプルの在庫管理を担当しています。

一日の流れを教えてください。

メールチェックやその日のスケジュールを確認することから始まります。あとは、先ほどお話したデータ管理やサンプル整理をしています。

オフィスにいない日は、大学の研究をしていますね。研究と森未来の仕事には何か関係があるのでしょうか?

一般的には強い関係性はありません。ただ、研究で得たデータ管理の経験は、仕事でも活きてくると思います。また、研究で木材を扱ってきたので、かなりの数の木材を見分けることができます。それは、木材サンプルのストックを整理する上で役立っていますね。

黒沼さんは木材の専門家ですが、木材に関して森未来に入社して初めて知ったことはありましたか?

入社してからは、林業に始まり、建築に使われる木材に至るまで、木材のサプライチェーン全体を知ることができました。

森未来での目標や研究内容を教えてください。

森未来では、マーケティング分野の知識を高めていきたいです。研究に関しては、解決したい問題がいくつか残っています。

研究者の立場から見て、森未来について変えたいことはありますか?

そうですね、研究の世界では、厳密な定義をしますよね。その定義によって、何のことを言っているのかが明確になります。お客様に木の特徴をどう説明するのか、毎回悩んでしまいます。決まった用語があったほうが、お客さまにはわかりやすいと思うんですよね。

ワークライフハーモニーは実現できていますか?また、仕事と研究は両立できていますか?

正直、両立は大変ですね。研究の日は仕事関係の連絡が遅れてしまうこともあります。

最後に、このまま勉強を続けるべきか、会社に入るべきかで悩んでいる学生に何かアドバイスはありますか?

難しい質問ですね。最終的には自分のやりたいことをやることが大事だと思います。でも、どんなことを決めても、それに力を入れる覚悟を持ってください。

これから森未来に入社する人に、メッセージをお願いします。

先ほども言いましたが、自分がやっていることを楽しんで、全力でやってほしいと思っています。木材技術や森林科学の知識はあると便利ですが、なくても問題ありません。林業や木材に情熱を持っている人であれば、ぜひとも応募してほしいですね。


以上、森未来の木材研究者、黒沼さんとのインタビューでした。次回は、女性社員の関口さんをご紹介したいと思います。

よろしくお願いします。

クリス


Dear readers, the second interview of this series is with theShinmirai’s wood scientist: Seiya Kuronuma. Kuronuma-san joined Shimirai about one year ago as an intern and is now an employee since April. Besides his work at Shinmirai, he still researches at the Tokyo University of Agriculture.


Kuronuma-san, let’s start with a warm-up question: What is your favorite wood species?

I guess that would be hard maple. Not only is its grain gorgeous, but I also use it for my research.

Please describe your work at Shimirai.

The central part of my work is of our marketing data. Other than that, I am in charge of our wood samples inventory.

What does your typical day look like?

My workday usually starts with checking emails and that day’s schedule. The rest of the day I spend with data management and sample organization I told you about.

The days you’re not in the office, you research for your doctors thesis at the university, right? Is there any relation between your research and your job at Shinmirai?

Generally speaking, there is no strong relation. But I think the experience in data management I gained from my research comes in handy at work. Also, because of my academic background, I can distinguish quite a lot of woods. That’s an advantage when organizing our stock of wood samples.

Have you learned anything about wood that you didn’t know before joining Shinmirai?

Since joining the company, I learned a lot about the wood supply chain as a whole, starting with forestry and ending at the use of wood for construction.

What goals do you have at Shinmirai and your research?

When it comes to Shinmirai, I want to improve my knowledge of the marketing sector. When it comes to my research, there are some problems left I want to solve.

From the standpoint of a researcher, is there anything you want to change about Shinmirai?

Well, in the world of research, you use exact definitions. These definitions make it clear what you are talking about. I would like to have more of such exact definitions when we explain wood features to our customers.

In the interview with Miyaguchi-san, we talked about work-life harmony. In your case, are your work and research in harmony?

To be honest, it is hard to balance both. When I am at the lab, I feel like I neglect my work at Shinmirai and vice versa.

Finally, do you have any advice for students out there who struggle if they should continue their studies or join a company?

That’s a difficult question. In the end, I think it is vital that you do what you want. But however you decide, be ready to put effort into it.

If someone decided to join Shinmirai, what should he or she bring?

As I already said, I want people to enjoy what they do and be ready to give it all. I think it does not matter so much if you have a background in wood technology or forest science, but if you are passionate about forestry and timber, I would be happy to hear from you!


That was the interview with Shinmirai’s wood scientist, Kuronuma-san. For the next one, I’m looking forward to introducing you to one of our female employees: Sekiguchi-san! 

Yours,

Chris

株式会社森未来では一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング