1
/
5

『やるか やらないか』そして『できるか できないか』

考える時間は、人にとって大切です。
そしてその先には、自らが行動することです。

考えた先の「やらない」という選択もひとつの行動ですが、
常に多くのことを「やらない」人は、大切な機会を失います。
・・・行動することでしか得られない失敗と成功という体験の機会を。

成功も失敗も、そこで得られた体験は、
頭で考える事以上のことを自分に与えてくれるはずですから。

『やるか やらないか』。
時間の許す限り『やる』側にいる自分でありたいと思います。

そして、「できるか? できないか?」・・・「きっとできないだろう」
だから『やらない』。
これは、もっとももったいない考え方の一つだと思います。

容易に選択ができない事の多くのことは
できない可能性が大きいことも往々にあります。

それらの一つひとつを「できた」に変えることが
自分が成長するということです。

それが今日よりも明日をより良く生きるいうことです。

死んでいないことと生きていることは違う。そう思います。

技術者ブログへ >
コーポレートサイトへ >

シンプライン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング