1
/
5

理論と感情。

『理論と感情は対極にはいない』
僕はそんな風に考えることもあります。

まあ個人的な考えです。
多くの考え方も正解も一人ひとりが違う。
一人ひとりが自分で導き出せば良いと思っています。

さてと、理論と言えば、MECEや何とかフレームワークを使った
少し小難しい方法論もありますが(勿論これらはビジネスでは有効です)
要は、『物事の筋道が通っている』。ということです。

深慮された筋道がきちんと立っていることは
少なからずとも、それは他者の気持ちに伝わります。

そういった意味合いから理論と感情は
(同質とは言わずとも)同一線上にはあるように感じます。

政治的な事や個人の利害に偏った事、それから官僚的な考え方・・・
当然、そういったことも組織や社会の中には存在しますが
組織や社会にいるからこそ客観的に正しいと言える考え方が
本来はあるべき姿でしょう。

技術者ブログへ >
コーポレートサイトへ >

シンプライン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング