1
/
5

なぜWebマーケティング支援をしている会社がオンラインテスト作成・運営のSaaSを開始したか

サイトエンジン株式会社はWebマーケティングの支援を通じてお客様の売上アップを達成する仕事をしてきました。

最近、オンラインテスト作成・運営のためのSaaS「ラクテス (https://rakutesu.com/)」の運営を開始しました。

この事業は一見Webマーケティングと関係なさそうに見えるかもしれません。そこで、弊社がなぜこのSaaSの事業を始めたのかを説明します。

きっかけは自社のフリーランスとのお取り組み

サイトエンジンはコンテンツマーケティングの事業をしています。お客様のWebサイトやSNSなどにどのような情報を掲載すればいいかを調査・提案し、実際に作成するところまでを引き受けています。

業務を進めるうえで、フリーランスもしくは副業として働かれているライターや校正者など、多数のパートナーに手伝っていただいています。お取引先と仕事の量が増えてきているため、毎月100名以上の方に仕事を依頼しています。

仕事をお願いするために多くの人とやり取りすることになるため、弊社がお願いしたい業務内容とパートナーが持っている能力とのミスマッチがどうしても発生します。弊社は「どうすればミスマッチを減らせるのか」を試行錯誤してきました。そこで、自社独自のオンラインテストのシステムを開発しました。

継続的にお仕事をお願いする人の比率は40~50名のうち1名ほどなので、すべての方にお仕事を試しにお願いしてみるのは現実的ではありませんでした。そこで、ライター、校正者などそれぞれの業務に必要な能力を事前にオンラインテストで確認し、応募者をかなり絞り込んだうえで、仕事を試しに発注をするという流れをつくりました。その結果、会社とパートナーとのミスマッチを減らすことができました。

自社で実施した内容をSaaSとして提供しはじめました


このシステムは当初、自社のオンラインテストの実施のためだけに作ったものでしたが、この仕組みを他の企業にも提供することで、人材と仕事のミスマッチを解消できるのではないかと考えました。そこでサービス化したのがラクテスです。ラクテスは、誰でもかんたんに独自のオンラインテストを作って運用できるSaaSです。

ChromeやSafariなどのWebブラウザさえあればどこからでも使えて、受験や採点もクラウド上ですべて完結します。例題がたくさん登録されていますので、その中から使えそうなものを選んでコピーしてから自社なりの内容にカスタマイズできるので、1からテスト問題を作るよりも手間なく開始できます。

フリーランスや副業人材などの業務委託をお願いするときに使うだけではなく、新卒・中途・パートアルバイト・インターンなどの採用にも使えます。業務内容を明確に定めて採用するジョブ型雇用にも、職種ごとの専門性の高い問題を作成することで対応できます。それ以外の場合は、自社のミッション・ビジョン・バリューなどに合致しそうな人を見極めるための質問を設定することも可能です。

社内に仕組みをつくり内製化してもらうのが根本的な課題解決

今までサイトエンジンではコンテンツ制作やSEO・アクセス解析によるサイト改善などを業務としてきました。これらの業務は販促に関連したものであり、お客様の作業を代行するような仕事が中心です。マーケティングの全体の流れでいえば、最終的な顧客の購入のステップに近い部分です。

「Webマーケティングで売上を増やしたい」というお客様の本質的な課題を解決するためには、戦略立案、体制づくり、仕組み化や人材教育などの他の部分も引き受けることが欠かせません。お客様が成功すればするほど、お客様の社内にWebマーケティングができる人を増やしていくことは必須です。

戦略立案の部分はコンサルティングのお仕事などで関与することがあるのですが、内製化に向けた体制づくりや仕組みの構築などはほとんどお手伝いできていませんでした。今回自社で開発したオンラインテストのSaaS「ラクテス」により、企業の採用の仕組み化を間接的に支援することを目指しています。ほかにも、教育研修などを仕組み化していきたいと考えています。

ラクテスを一緒に成長させていく方を募集

サイトエンジンではラクテスを成長させるためのエンジニア、デザイナー、カスタマーサクセス、マーケターなどを募集しています。人材と会社、仕事内容のミスマッチを減らすという社会課題の解決に興味がある方はぜひ一緒に取り組みませんか。

サイトエンジン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング