Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

なにをやっているのか

Starting Point English Academyはフィリピンネグロス島ドゥマゲッティ市で英語学校及びゲストハウスを経営する日本人がオーナーの英語学校です。
具体的には、英語学校は2キャンパス、ゲストハウスは3拠点運営しています。
創業者の松岡は2000年代後半にフィリピンセブ島セブ市でいち早くオンライン英会話の事業を始め、2013年に事業を共同創業者に移譲、2014年に当校を開校しました。

なぜやるのか

日本人が英語が苦手というのは広く知れ渡っています。アジア地域でもほぼ最下位を争っています。数学や科学、理解力、読解力の教育では世界上位のレベルを誇る日本の教育を経験した日本人が英語(特に口頭でのコミュニケーション)を苦手とするのは悲しいことです。文部科学省も2020年度よりよりオーラルコミュニケーションに注力して、小学校中学年からの英語教育カリキュラム改変を大学センター試験まで含めて行います。
この改変に合わせ、若年層をターゲットとし、そしてすでに学校教育を終えた大人も対象に、当校はスピーキング英語教育を特化したいと考えています。
また、別の文脈では、バブル経済が終焉を迎え、ピークアウトを迎えた日本経済は長期の停滞期間に入り、また人口減で経済は停滞しています。その20年を過ごした日本人は活力を失い、何か新しいことを始めようという意欲は減っているようです。
当校の創業者松岡は世界で起業家100人を排出することを目標に自身も海外でのビジネスを拡張、推進しています。
SPEAの存在は
「体験を通して、生きた英語を学び「英会話力×あなたの強み」を発見する場所」
そしてモットーは
「ドキドキ留学して、ワクワク勉強して、ウルウル帰国」
です。
自身の強みを発見し、新たな人生のスターティングポイントとして巣立っていってもらおうというのが創業者の松岡をはじめとしたスタッフの願いです。

どうやっているのか

下記の3つのお約束を掲げることで、小さくても強い組織を目指し、日本人の英語学校生徒、フィリピン人スタッフが活躍できる場所を提供しています。
「体験学習を提供」:実際に使える英語を身につける、を目標に街で英語を使用しながらスキルを獲得。使える英語を日本人に身につけてもらうことを目指します。
「マンツーマン英会話を提供」:欧米に留学するより格安のマンツーマン英会話で初級者中級者向けに幅広くスピーキング力をつけてもらうカリキュラムを提供
「ラーニングジャーニーを提供」:英語を勉強するのではなく英語を使い、フィリピンや日本の社会課題、自身の課題を解決するプロジェクトを短期で遂行する研修プログラムを提供。
「親子留学を提供」:次世代の日本を担うお子さんと親御さん向けの親子留学を提供。
「ゲストハウスを運営」:世界中、フィリピン中からゲストの集まるゲストハウスを複数運営。語学学校ではなく、実地で異文化交流を推進。
「日本語クラスを提供」:経済成長の続くフィリピンにおいてフィリピン人にも利益のある日本語クラスを提供し、日本での就業チャンスの増大を目指します。日本とフィリピンは輸出入でフィリピンから見るとそれぞれ第1位、第2位の国なのです。

Page top icon