1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「スタイリクスしかない!」転居してでも入社を決めた決め手とは?

こんにちは。マネージャーの内田です。
本日は、当店コーディネーターの中で最も若手の鈴木のインタビューをお送りします。

転職活動時は静岡在住だった鈴木。
入社を決めた理由や、日々仕事をする中で感じている事について聞きました。

4Dに入る前はどんな仕事を?

大工をしていた祖父の影響で、「暮らし」に関わる仕事をしたいな漠然と思っていて。
新卒で工務店に入社して、そこでは建築設計のアシスタントをしていました。

所属は工務店でしたが、
仕事内容は、建材の発注作業や現場管理が主。

工期が押したり、手が足りない!という時は、人手として建築現場へ行って
現場清掃をしたり物品を届けたりもしていました。笑

かなり色々な事をやりましたが、
インテリアに直接関われる機会はほとんどなく、
お客様と関わるのも、たまにお打合せに同席したり、現場でお会いした時にお話する程度でした。

ただ、家を建てるって一生に一度の事で、とても大きなお買物。
初めてのお打合せから完成まで時間をかけて作りあげていくので、
引き渡しの時には、皆さん本当に喜ばれていました。

引き渡す側としても、その時は家が一番綺麗な状態なので、
「ここで新しい生活が始まるんだ」というお客様の喜びが伝わってくるのは
本当にうれしかったですね。

そんな風にお客様が喜ぶ姿を何度も見ているうちに、
もっとお客様に寄りそった立場で仕事をしたいと思うようになりました。

元々暮らしに関わる空間づくりを自分でやりたい という気持ちはあったので。
それがどんどん強くなっていった感じです。
それで転職活動を始めました。


なぜスタイリクスを選んだのか?

自分は欲深いのかもしれません。笑

家具店や家具メーカーのインテリアコーディネーターなど
同業の募集を色々見ていたのですが
たくさん取扱いメーカーがあったのはスタイリクスだけだったんです。

家具メーカーだと、提案できるのは自社の商品しか提案できないので。
今振り返ると当時知識は少なかったですが、
様々なお客様にフィットできるようにするには、
色々な家具があった方がより良いお部屋を作れるはず と考えました。


遠方からの転職、不安や周囲からの反対はありませんでしたか?

「ここしかない」
「スタイリクスで働きたい」 
と思っていたので。笑

気合十分に引越して、入社しました!

親からは、聞いたことが無い会社で「大丈夫なのか?」と言われましたが
それも押し切りましたね。

仕事の話はたまにしかしませんが、
今では、「やってよかったね」と言ってくれています。



入社当時大変だった事はありますか?

入社当時はなにかと勉強ばかりしていた気がします。

まず、覚悟はしていましたが、やはり必要な商品知識が膨大で、覚えるのは大変でした。
少しずつ引出しを増やしていきました。これは今も、増やし中です。

また、提案の後ご注文をいただけたら、
レンタル契約のご案内からメーカーへの発注、配送の手配、と
納品が完了するところまで全て責任を持って担当するので
たくさんの取引先の発注オペレーションや配送指示など、
営業事務側についても勉強するようにしました。


成長できたと感じるのはどんな時?

お客様がご自分の言葉で希望のイメージをお話された時に、
どんなインテリアテイストやイメージの事をおっしゃっているのか、思い浮かべられる領域が
少しずつ広がってきているなと感じます。
提案に対して「そうそう、こういうの」というご反応をもらえると、嬉しいですね。

最初大変に感じていた営業事務についても、
事前に準備しておいたり、イレギュラーに備えられる余裕ができてきました。
なるべく無駄な時間が発生しないように、工夫は今も試行錯誤中です。



どんな時にやりがいを感じますか?

自分の提案によってお客様の暮らしがよりよくなった事を
実感できる時ですね。

6人掛けのダイニングセットをお探しだったお客様がいらしたのですが、
伺ったダイニングとリビングでの過ごし方やご来客時のもてなし方から
4人掛けの中で大き目のサイズをお勧めしました。
どんな風に使えるか3Dシミュレーションでご説明したところ、
「このくらいの大きさでも十分なんだ」とご納得され
ダイニングのサイズを抑えた分リビングも広くとることができ、
納品時にはお喜びいただきました。

お客様がご自身で選んでいたら、たどり着けなかったお部屋を作れたのかな、と思います。

あとは、担当したお客様側の変化を感じる時ですね。
「ここに間接照明があったらもっとお洒落になりそう」と
納品後にお客様から追加のご相談を頂いたのですが、
「必要最低限で良い」とおっしゃっていたお客様が「もっとお洒落にしたい」と変化されたのを見て、
嬉しくなりました。


今後どんなコーディネーターになっていきたい?

「想像していたよりも暮らしやすくなった」と言われるようなコーディネーターになりたいです。
これまでもお喜びの声をいただいてきましたが、
お客様を引っ張ってあげられる提案アシストがもっとたくさんできるように、
日々奮闘中です。


最後に、スタイリクスのコーディネーターの応募を検討されている方に
メッセージをお願いします!

お客様とインテリアのお話をするのが好きな方にはとてもいい会社だと思います。
お部屋をお洒落にしたいという人は是非!



スタイリクスではインテリアコーディネーターを募集しています!

コーディネートセールス
インテリアで暮らしの夢を叶えるプロのコーディネーターを目指してみませんか?
私たち株式会社フォー・ディー・コーポレーションは、レンタルもできるインテリアコーディネートショップ「STYLICS」を2003年から展開している会社です。 ■事業内容■ 取り扱いアイテム国内外合わせて150ブランド7万点の品ぞろえから専任のインテリアコーディネーターによる家具インテリアの販売とサブスクリプション/レンタルを行っています。 ■実店舗■ 新宿駅から1分という好アクセス。お客様にとってもスタッフにとっても便利なロケーションに落ち着いたお洒落なお店を構えています。 ■実績と成長性■ 累計で2万組以上のお客様にご利用いただき、TV、雑誌、ウェブなどメディアへの登場も約300回となりました。 ■今後の展望■ 創業から20年が経過した今、次の20年を第二創業期としてギアアップし事業成長を加速させていきたいです。 理想の暮らしづくりを考える際、スタイリクスが常に選択肢の一つとして名前が挙がるようなブランドに育てていきます。
(株)フォー・ディー・コーポレーション
(株)フォー・ディー・コーポレーションでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう