Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

SUGARで、あなたのあこがれのあの芸能人から着信が。ライブでつながる興奮を、あなたに。 Using SUGAR you receive a call from the entertainer that you are longing. You will have the excitement of a live connection with him.
マスメディアでは実現できなかった深いコミュニケーションをテクノロジーの力で実現していきます。
SUGARでは「1:1:N」のライブ動画配信プラットフォーム「SUGAR」を開発しています。 著名な芸能人がファンに対してテレビ電話を掛け、その様子をリアルタイムで配信できる仕組みが特徴です。 2017年6月設立の産まれたてのスタートアップですが、日本を代表するベンチャーキャピタルや有名な個人投資家の方々から数億円の資金調達を実行しております。 芸能人とファンがより深く繋がれる革新的なプロダクトとなるよう、メンバー一丸となって努めております。 Our company is developing the "SUGAR" live video "1 : 1 : N" distribution platform. Famous entertainers are able to make videophone calls to their fans and deliver their presence in real time. We were founded as a startup in June 2017. Famous venture capital funds and famous individual investors have trust our company and raised hundreds of millions of yens for us. We are working together to make a product that allows entertainers and fans to share a deep connection.

なぜやるのか

スマートフォンや高速な通信回線の普及により、個人の情報発信のあり方は、よりリッチでインタラクティブなものになりました。 当然、これまで一方通行が常識だった“芸能人とファンとのコミュニケーション”も、それを媒介する「メディア」も、時代に合わせた形へと変化していきます。 私たちが目指すゴールは、ぽっと出ではない著名な芸能人による「本物のコンテンツ」を、感動的なユーザー体験と共に届けるプロダクトを開発することです。 そのためにも、プロダクトが有機的に改良されていくチームが必要であると考えています。 Due to the current smartphone development and high-speed communication networks, the options for distributing information have become richer and more interactive. It is natural then that the communication between celebrities and fans changes according to the times we live. Or goal is to develop products that deliver real content by very prominent celebrities along with an impressive user experience. To achieve that purpose, we need a team that makes our products grow organically.

どうやっているのか

プロダクトの構想はコアメンバーにより温められていましたが、実質の法人としての稼働は2017年10月にスタートしました。 マネジメント1名、CTO以下2名のもと開発を進め、2018年7月にはiOSアプリをβリリースすることが出来ました。 動画配信サービスにおいて国内トップクラスの経験を持つCTOをはじめ、優秀なメンバーによる少数精鋭のチームでサービスを育てています。 大手企業の手がけるサービスにも見劣りしない大規模なインフラへの投資など、数百万人ものユーザーを抱えられるように慎重かつ迅速に準備しております。 開発言語はScalaをメイン開発言語として採用し、フロントエンドにはSwiftとKotlinを利用しています。 サーバー技術ではWebRTC等を利用した動画サーバーの開発や、低レイテンシでの配信を実現するエッジの技術を外部SDKに頼らず自社開発しています。 The concept of the product was a vision of our core members and we started operating as a corporation in October 2017. With 2 people under one manager we started our product development and on July 2018 the iOS beta application was released. We are enhacing our services with a small team of exceptional members starting by our CTO who has top class experience in video distribution service in Japan. Carefully but quickly we are setting up all the preparations to have millions of users. For example, the services of major companies have nothing on the large scale infrastucture we are investing on. We adopted Scala as the main development language. The front-end uses Swift and Kotlin. Regarding our server technology, we are developing video servers using WebRTC among others. We can deliver at low latency without relying on external SDKs.

Page top icon