1
/
5

一度きりの人生をどう生きるか。今日の夕陽を見て素晴らしいと思う人と一緒に働きたい。

株式会社スーツでは、「人が人を動かす。」をブランドスローガンに掲げています。

ブランドスローガン「人が人を動かす。」

当社代表者の小松の創業メッセージ

私は、上場会社の代表取締役社長として取り組んだ経営改善や様々な業界・会社での企業再生を通じて、「マネジメント」ではなく「リーダーシップ」、「やり方」ではなく「あり方」そして「モノ」・「カネ」ではなく「ヒト」・・・というように、会社経営において、本当に大事なことが何かを学ぶことができました。企業の再生とは人の再生ですし、企業の成長とは人の成長です。人を導いていく。これが会社経営です。会社経営を事業領域とし、人と向き合い、人を導く会社が、この株式会社スーツです。・・・
※ 上記段落の下線箇所は、本稿のために追記。


本稿では、当社のブランドスローガン「人が人を動かす。」の説明を通じて、当社が一緒に働く仲間に持っていて欲しい価値観の一つである「一度きりの人生」、「時間の価値」について記載をしたいと思います。

当社は主に経営支援事業を展開しています。そのため、クライアント企業様を経営支援し導いてくのが私たちの仕事である以上、当社で働く仲間は、誰かに依って立っているのではなく、自立して、自分の足でしっかりと立っている必要があります。厳しいかもしれませんが事実を述べると、少しでも自分の人生に迷いがある人には、他人を導くことはできないのです(逆の立場で考えれば、当然のことだとご理解いただけると思います。)。

一度きりの人生をどう生きるか。

「人が人を動かす。」

日常の仕事において、皆さんが向き合っている相手は誰でしょうか?

お客様、スタッフの皆さん、取引先企業の皆さん、株主の皆さん、地域社会の皆さん・・・様々な人がいると思います。

どんなにテクノロジーが進化したとしても、ビジネスという社会活動において、人が主役であることに変わりはありません。

当社の主力事業は、企業価値評価が時価総額100億円以下となる中小企業やベンチャー企業に対する経営支援事業です。

当社のお客様は、中小企業やベンチャー企業ですので、社内の経営資源が乏しい場合がほとんどです。社内の経営資源が乏しいということは、前を向いて、何か新しいことを行う場合、社外から経営資源を調達・獲得してこなければなりません。

その時に必要になるスキルは、人を管理するマネジメントではなく、人を自発的に動かすリーダーシップです。

夢を描いて、明日を描いて、勇気を出して、ともに暗闇の中を歩んでくれる仲間と旅に出るのです。

「人が人を動かす。」

私たちには、「プロ経営者」として、リーダーシップを発揮し、ステークホルダー全てに影響力を与え、クライアント企業様の企業価値向上を果たすことが求められているのです。


タイム・チャージからの脱却

公認会計士、弁護士、そして、経営コンサルタント。

これらプロフェッショナルの多くは、業界慣習から、時間あたりの報酬額を決めて、クライアント企業様から報酬をもらうタイム・チャージという報酬体系を採用することが多いです。

しかし、タイム・チャージは決められた枠組みの中での事務処理に対する報酬体系としては優れていますが、不確実性が高く、リーダーシップが求められるような会社経営の仕事にはそぐわない報酬体系です。

例えば、クライアント企業様のために、シナジーのある経営者に対して、協業後のユーザーの未来を語り合うとします。また、クライアント企業様のために、投資家に対して、情熱を持って、クライアント企業様の10年後とそれを達成するための経営戦略の説明をします。

これらの際に、時間あたりで報酬を課金してもしょうがないのです。極端な話、業務提携や投資実行など実現までたどり着かなければ、これらのやりとりには価値はありません。

人間力に優れた「プロ経営者」であれば、電話1本、10分で、キーマンとなる経営者や投資家を動かすことができるかもしれません。

タイム・チャージと言えば、プロフェッショナル・ファームの仕事のように聞こえるかもしれませんが、報酬体系は、高校生・大学生のアルバイトと同じ「時給」です。

時間でアウトプットが予測できる仕事は、不測の事態が起きづらい、決められた枠組みの中での仕事です。クライアント企業様からみても、タイム・チャージでの報酬体系の場合、リターンは大きいものの不確実性の高い仕事については依頼をためらうインセンティブが働いてしまいます。

私たちの仕事は会社経営です。不確実なことばかりです。時間を費やしたところで、結果が伴っていなければ意味がありません。そして時に、決められた枠組みや既成概念すらも取り払って、仕事そのものを創り出すことまで求められるのです。

当社ではクライアント企業様の企業価値向上に全身全霊を傾けられるように、クライアント企業様に関与するスタッフに「時間の自由」を与え、クライアント企業様に本当に価値あるパフォーマンスの最大化を目指してもらっています。

そのため、当社では、中小企業やベンチャー企業などのクライアント企業様に対して、月額の定額報酬を低廉にするかわり成功報酬を組み合わせるなど、当社が報酬に関して部分的にリスクテイクすることで、実力主義・アウトプットの最大化を徹底しています。


一度しかない人生を切り売りしないで欲しい。

なぜ当社がこのような考え方をしているかというと、世の中の多くの仕事は、働いている時間とアウトプットの相関性が取れるものが多いのですが、私たちの会社経営の仕事は違うからです。

極端な話、365日のうち1週間しか働かなくとも、クライアント企業様の困っている問題をあっという間に解決できる人もいれば、365日24時間かけて、どんなに努力をしても、何も問題解決できない人がいるのです。

逆説的ですが、このような考え方に基づくと、一瞬一瞬が勝負になるのです。

人と出会うのも一期一会ですし、ましてや、その人を動かして共にビジネスをしようものならば、本気でその人と向き合わなければ、何か一緒にやることなどできようもありません。

私たちの人生は、誰しも、一度しかないのです。

このたった一度の大事な人生、時間を、答えの見えているような仕事ばかりに従事させるわけにはいきません。

私たちの仕事は、その人の生き様が出ます。私にしかできない仕事があって、私なりのやり方がありますし、あなたにしかできない仕事があって、あなたなりのやり方があります。生まれて、クライアント企業様と出会った今日この時までの生き方次第で、問題解決能力に雲泥の差があるのです。

そもそも、私たちとクライアント企業様では情報格差があって、私たちのほうがプロフェッショナルとして専門性を有しています。この情報格差を利用して、答えが見えている仕事を、あたかも大変な仕事のように伝えて、タイム・チャージの時間稼ぎのために、アソシエイトを稼働させるのは筋が違います。

クライアント企業様もアウトプットに見合った報酬支払いを求めています。


私たちは今日の夕陽を見て素晴らしいと思う人と一緒に働きたい。

一度きりしか人生はありません。

夕陽を見て素晴らしいと思う、クライアント企業様と一緒に夢を描いて激論を交わす、仲間たちとブレイン・ストーミングをしていて心の底から楽しいと思う、お客様が商品・サービスを喜んでくれて感謝の言葉をくれる、仕事明けに仲間たちとビールを飲んで美味しいと思う・・・あなたの人生の中でどれも素晴らしいワンシーンでしょう。

当社では、この一つ一つを大事にできて、この価値が分かる人と一緒に働きたいと考えています。

もちろん、私たちもプロフェッショナルである以上、クライアント企業様に対して確実な成果は求められます。しかし、「タイム・チャージから脱却しても、確実に成果を出す」という少しの勇気と覚悟があれば、自分の人生を簡単に取り戻すことができるのです。

当社には面白い仕事があふれています。その仕事に対して、どのようにアプローチするかという自由も、プロフェッショナルである各人に与えられています。

たった一度しかない人生を、世のため人のため、そして、自分のために使ってみたいと思いませんか。

株式会社スーツ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more