1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

インフラ化したビーコン網/意味づけされた位置情報/オンライン・オフラインの属性を統合/ターゲティング広告と集客/自社集客ツールの独自開発/集客化→リタゲ広告配信
スイッチスマイルが無償で設置するビーコンと、アライアンスパートナーが設置するビーコンをネットワーク化し、 ビーコンのインフラ環境を構築。サービス提供とデータ取得の連携(横ぐし)を可能にする、管理された価値あるビーコンネットワークを形成。
スイッチスマイルは、ビーコンを中心とした位置情報マーケティングプラットフォームの構築・提供を国内だけでなく海外でも展開しています。 この位置情報のマーケティングデータは、インバウンドや地方活性化におけるマーケティング分析や広告・プロモーションなどの分野で大きな価値を生むと期待されています。 FacebookやLINEなども含め、ビーコンを使用したサービスが、国内・海外ですでに展開を始めており、今後もビーコン等を使った位置情報マーケティング市場は拡大していくでしょう。 このような市場拡大を背景に、スイッチスマイルは様々な企業とのアライアンスを進め、プラットフォームの開発実績・ノウハウを使って、日本国内だけではなく、東南アジアを中心とした海外市場におけるビーコンを利用した位置情報のインフラ化を目指します。 【事業内容】 POI位置情報マーケティングプラットフォーム「pinable」開発・提供 行動×体験 DMP構築・提供 オープンBeaconネットワーク(ValueBeaconNetwork)運営 位置情報サービス事業(Beacon・Wi-Fi・GPS) LINE BOT プラットフォーム「MottoBot」開発・提供 IOT/ICTコンサルティング

なぜやるのか

人の行動と体験でオフラインとオンラインを繋ぐ
位置情報は今後のデジタル社会に非常な重要な意味をもっています。例えば秋葉原に行く人はアニメが好きとか、原宿にパンケーキを食べに行く人は10代から30代の女性が多く、ファッションやハワイに興味があるとか。位置情報から今まで見えなかった人の好みや行動が見えてきます。それをビッグデータ化することにより、ネットとリアルを連動したマーケティングビジネスが拡大していきます。スイッチスマイルは独自で開発した位置情報マーケティングプラットフォームでグローバルに新しい市場を創造していきます。