Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

2017年1月創業と開業まもない会社ですが、多くの大手ブランド企業様や施設様から多くのポップアップショップの企画運営、コンセプト提案、会場提案、フード開発、監修のご依頼をいただいております。また、2018年1月より新オフィスの引越しを予定しており、新しい環境での新しい仲間を募集いたします。 THE・STANDARDは、「PR(メディア露出&プロモーション領域含む)」 ✖︎ 「飲食(フードプランニング&飲食人材手配)」の両方を得意とした、飲食プロデュースプロジェクトチームです。 (一部、雑貨ブランド、プロスポーツチーム、スポーツ・アクティティビティー関連などにも従事) また、創業メンバーの過去経験を生かして、1stカテゴリーとして、「飲食」に新しい付加価値をもたせたプロデュースTeamを結成しました。 メディア露出やSNS拡散を目的としたフォトジェニックかつムービージェニックなフード開発やPR展開を得意とし、また、不動産コンサルティング会社と協業し、ショッピングモールや駅ビルなど人気施設や新施設の空き物件情報を把握。弊社の実績のあるフードコーディネートスキル、フード系店舗デザイン施工や飲食スタッフネットワークを活用して、トータルプロデュースを可能にしております。 弊社1st専門領域として ✴︎大手ブランド、通販系の期間限定のPOPUPSHOPプロデュース ✴︎新感覚のムービージェニック系フード商品開発 ✴︎日本初上陸系商材のマーケティング支援 ✴︎社員食堂のプロモーション、新販路プロデュース などを、日々、様々なクライアント様にご提案、実施させていただいております。 【POPUPSHOP/イベントの予定と実績】 2017年 1月:アパレルブランドのPOPUPSHOP 企画・運営 2月3月:アルコールブランド協賛&有名女優講師 フィットネス 企画・運営・ PR 3月:お菓子ブランドのPOPUPSHOP 企画・運営 4月:アルコール関連商材日本初開催ローンチイベント 企画・運営/飲食提供・ PR施策 飲料ブランドの企業内プロモーション施策 5月:アルコールブランドのPOPUPSHOP 企画・運営 6月:肉・食品ブランドのPOPUPSHOP 企画・運営 7月;飲料ブランドのPOPUPSHOP 企画・運営 8月:肉・食品ブランドのPOPUPSHOP 企画・運営    飲食店の立ち上げコンサルティング 9月:家電ブランドの飲食POPUPSHOP 企画・フード監修    アルコールブランドのPOPUPSHOP 飲食監修 10月:医薬品ブランドのプロモーション施策     カラオケチェーンの PR系フード企画監修 12月:啓発イベントのスポーツ活用プロモーション     アパレルブランドの飲食POPUPSHOP 企画・フード開発・運営 来年2018年以降も業界を代表するようなアイスブランド、お菓子ブランド、インスタント麺などの飲食品ブランド、通販ショップ、日本初上陸のアパレルブランド、ラグジュアリーブランド、世界進出予定の雑貨ブランドなど数多くのPOPUPSHOP 企画運営/PR業務、SNS拡散向け食品開発などを予定しております。 THE・STANDARD オフィシャルサイト http://t-standard.jp THE・STANDARD facebookページ https://www.facebook.com/thestandard0110/

なぜやるのか

THE・STANDARDの理念は、 「これからのスタンダードをつくる」「私たちのマッチングが時代のスタンダードに!」をミッションに、先取りした「コンテンツと施設」「ソフトとハード」「企業と企業」などを最適にマッチングし、新たな市場とホスピタリティーを創造するマッチングプロデュースカンパニーです。 「これからの時代のスタンダード」をつくり続けるには、今以上のスピードで事業を加速させていく必要があります。 私たちは、その目標を成し遂げるために、即戦力となるプロデューサーの増員が不可欠です。この想いに共感してくださる方をお待ちしています。

どうやっているのか

飲食、PR、イベントのプロデューサー、ディレクターといったそれぞれの領域のプロが集まったチームです。年齢層も幅広く、業界10-20年実績中堅メンバーから、新卒・20代前半のスタッフまでが一つのチームで働いています。 私たちは「新しい情報力」「次の時代の変化」というものを常に意識しています。 役割に応じた縦割り組織にしないことで、「新しい価値づくり」と「個人のスキルアップ」がしやすい体制をとっています。 そのため、個々の多様性を重要視しています。この数年、テクノロジーを中心に、マーケティングの概念の環境の変化が大きく、今まさに変革期にあります。 一緒に新しい価値を生み出し、成長していきましょう。