Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

チャット小説アプリ「peep」のインターフェイスの一部
動画とテキストを組み合わせたシネマ小説
«エンタメをスマホで楽しむ時代に合わせ、世界でもっとも愛される物語を生み出す» 私達は、「21世紀、世界でもっとも読まれる物語を生み出す。」という理念のもと、スマホに合わせた新しい物語の形を構築し、世界で愛される作品を輩出していきたいと考えています。 作品数は既に1000作品を超え、ダウンロード数は70万・プレミアム会員1万名超えまで急成長。オリジナル作品の中には、マンガ化を決定している作品もあります。 また、作品はチャット小説だけに留まらず、2018年12月には国内で先駆けて「シネマ小説」をリリース。テキスト×映像をかけ合わせた手法により、話に没入していく中で臨場感のある映像が流れる新しい形を提案しました。 2019年にはアメリカ版もリリース。今後も世界各国に物語を輩出し続けていきます。 ◎チャット小説アプリ「peep」とは?◎ チャット小説とは、一口サイズのテキスト・イラスト・動画等が組み合わせられた新しいエンタメコンテンツ。 peep内で発表している作品は、すべてプロと編集部によって制作されているオリジナル作品です。

なぜやるのか

シネマ小説にご出演いただいた永尾まりやさんと
シネマ小説撮影後の様子
«"新しい文化"をつくることに会社として挑戦していきたい» 2018年に電子版のコミックスの売り上げが、初めて紙のコミックスの売り上げを上回ったことが話題になり、スマートフォンユーザーの増加と共に、スマホでエンタメを楽しむ人が増えていることが明らかになりました。 スマートフォンデバイスを始めとした様々なデバイスの登場により、これからコンテンツの形は大きく変わっていきます。 このコンテンツの新しいフォーマットを僕たちが発明し、世界中の70億人がリーチできるコンテンツ、そしてメディアを作っていきます。

どうやっているのか

週一回の定例MTGの様子
普段の写真 (20代-30代の若手メンバーが揃ってます)
元バンドマンのエンジニアや、大手コンサル会社出身のマーケター等。個性豊かなメンバー約10名の少数精鋭のチームです。 小説・マンガ・映画等のエンタメ好きが集まっているため、仕事や会議中も、いつも和気藹々としています。 メンバーは20-30代が中心となっているので、年齢や入社年数問わず活躍できる場が整っています。 2018年には1億5000万円調達し日経新聞にも取り上げられ、翌年2019年5月には2.7億円の調達を完了しました。 今後拡大が期待されている急成長スタートアップ企業で、新しいエンタメの形を世界に提案していきませんか?