Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営しています。
ブロックチェーン特化のWebメディア「Hi Blockchain」を運営しています。
▶【ブロックチェーン業界で様々なサービスを展開】 株式会社techtecは、仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」やブロックチェーン特化のWebメディア「Hi Blockchain」を運営しています。 「仮想通貨やブロックチェーンについて勉強したいけど、何から始めればいいのかわからない...」というユーザーの課題を解消し「ブロックチェーンの裾野を広げる」べく、2018年11月29日にPoLをリリースしました。 リリース直後より多くのユーザーにご利用いただき、業界内の認知度も非常に高くなっています。 ■PoL(ポル)はこちら https://pol.techtec.world/ ■THE BRIDGEインタビュー 「仮想通貨・ブロックチェーン特化のオンライン学習「PoL」ーー独自トークンによる学習インセンティブも」 https://thebridge.jp/2018/12/pol ■あたらしい経済 「ブロックチェーン学習サイト「PoL」オープンβ版公開」 https://www.neweconomy.jp/posts/24884 ▶【グローバルに活動】 2018年5月末には、海外のブロックチェーンプロジェクト「Primas」とのパートナーシップを締結しました。 さらに、世界中の企業とパートナーシップを締結し、グローバルを前提にプロダクト開発を推進していきます。 ■CEO田上のインタビュー 「国境なきブロックチェーンで、再び日本を世界のトップに引き上げる」 https://managestory.jp/globalchallenges/techtec ■PR TIMES記事 「テックテク(英名: techtec)とPrimas(中名: 奇点)、戦略的提携について合意」 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000034189.html ■ブログ記事 「中国やシンガポールに拠点を持つブロックチェーン企業Primasとパートナーシップを締結しました」 https://www.wantedly.com/companies/techtec/post_articles/133997 ▶【エンジェルラウンドの資金調達を完了】 2018年11月に、エンジェルラウンドの資金調達が完了しました。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000032311.html ここからさらにスピード感を持って、ブロックチェーンのNo.1学習サービスを目指し、開発を進めていきます。 PoLには、今後続々と新規機能を追加していきます。 急成長が見込まれるブロックチェーン業界、EdTech領域で、ユーザーに愛されるサービスを一緒に作り上げませんか? ■メディア掲載 「ブロックチェーンのオンライン学習サービスを運営するtechtecが複数のエンジェル投資家から資金調達!」 https://crypto-times.jp/techtec-pol-engel-round-funding/

なぜやるのか

CEOの田上が上海で開催されたブロックチェーンカンファレンスに招待され登壇しました。
「個人にフォーカスを当てたサービスを作りたい」そんな想いを持ったメンバーが集まっています。
▶【個人の時代はさらに加速する】 「副業推奨」「フリーランス」「リモートワーク」... 今後ますます、個人を中心とした社会は加速していきます。 techtecには、「年功序列」「定時出勤、定時退社」... こういった従来の固定観念に囚われた働き方に違和感を感じたメンバーが集まり、次世代の社会に最適なサービスの開発を進めています。 そういった社会を実現するための手段の一つが「ブロックチェーン」です。 ブロックチェーンには、「非中央集権」というテーマが存在し、それは従来の型にはまったあらゆるものを刷新し、より個人を重視した社会を作り上げるためのテクノロジーです。 人工知能やブロックチェーンなどのテクノロジーがリードする次世代社会においては、日本のような階層型組織や時間に縛られたワークスタイルは全く機能しなくなります。 CEOの田上はチームラボでのインターンを経験後、新卒でリクルートホールディングスに入社しブロックチェーンのR&Dを担当しました。 その際に上記の課題を実感し、techtecを立ち上げています。 techtecでは、あらゆる人材が個人で活躍できる環境を提供し、再び日本を世界のトップに引き上げることを目指します。 ■CEO田上のインタビュー 【対談】仮想通貨業界最前線の3人に聞いた「業界の現状と理想」 https://coinge.jp/post-8047 ▶【ブロックチェーンの裾野を広げる】 2019年でブロックチェーンが誕生して10年が経過します。 ブロックチェーン業界は未だ内輪に留まり、世界と比べて日本発の実用サービスがなかなか出てこな状況になっています。 海外には、「Coinbase Earn」や「Binance Academy」、「Lisk Academy」などのブロックチェーンの学習環境が非常に整備されています。 一方の日本では、PoLがリリースされるまではブロックチェーンを無料で体系的に学習することのできる方法が存在していませんでした。 この状態では、なかなか新規参入者を生み出すことができず、業界を拡大することができません。 techtecでは、PoLを通して「ブロックチェーンの裾野を広げる」べく、継続してコンテンツを配信していきます。 ■BITDAYS掲載 「仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」がオープンβ版を公開」 https://bitdays.jp/news/16564/

どうやっているのか

techtecが中心となって運営するコミュニティ「techain」主催のイベントには毎回非常に多くの参加者が集まります。
綺麗で広々としたオフィスで自由な働き方を実現しています。
▶【コミュニティ運営】 techtecには、「techain(テックチェーン)」というコミュニティが存在します。 個人と個人の繋がりであるコミュニティは、従来型の組織では想像もできないようなパワーを秘めていると考えています。 techainコミュニティでは、PoLのユーザー同士による自律的なオフライン勉強会や、運営メンバーとの意見交換、海外のトッププレイヤーを招待してのミートアップなどが行われています。 ■ロイター掲載 「ブロックチェーン活用を研究する「techain」を開始!」 https://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20180604_00520180604 ■ブログ記事 「【ETHIS報告会レポート】セキュリティトークン最新動向とEthereumスケーリングのロードマップについて」 https://www.wantedly.com/companies/techtec/post_articles/137476 ■ブログ記事 「【techainイベントレポート】日本のブロックチェーン事業における規制の現状とこれから」 https://www.wantedly.com/companies/techtec/post_articles/134262 ▶【メンバーの成長を最優先】 techtecでは、メンバーの持つ能力を最大限に発揮し、成長角度をいかに高めることができるかを重要視しています。 社内には肩書きや階層は存在せず、お互いの率直な意見をぶつけ合い、切磋琢磨する環境を整備しています。 メンバーの成長=会社の成長・サービスの成長と定義づけることで、優秀な人材の育成に力を入れています。 具体的には、書籍購入費やイベント参加費などを支給し、また新しい技術やフレームワークをどんどん使ってみる好奇心旺盛な社風となっているため、前のめりで仕事ができます。 メンバーがブロックチェーンを学習するために、書籍やドキュメントがしっかりと整備されていたり、週末にはブロックチェーンに精通するCEOの田上より社内勉強会を実施したり、Slackでナレッジ共有用のチャンネルを作ったりしています。 現在、業務委託を含めメンバーは10名弱になりました。 自由な働き方でアウトカムを重視し、服装・勤務時間のルールも設けていません。 まだまだメンバーが少ないので、個人のやりたいことに沿ったキャリア設計が可能です。手を動かしたい人は手を動かし、組織づくりにもチャレンジしたい人はそちらにもフォーカスする、スタートアップならではの、濃い経験が積める環境が整っています。 まずは気軽にオフィスに遊びに来てください!

Page top icon