みなさん、こんにちは。
インターンの木暮です。

本日、当社にNPO法人ETICさんを経由し、
高知大学の女子学生さん9人がキャリア教育の一貫として太田哲也校長の話を聴きに
はるばる高知より12時間かけてバスツアーで来て頂きました。

私自身も同席させていただき、大勢の同世代の人たちと意見を交わすことで
多くの刺激を受けました。

高知大学の学生さんからは、
地域の貢献ができる仕事がしたい、自分を活かせる仕事につきたいという悩みが…

それに対して、太田校長からは、
地域にこもる前にもっと広い世界を知ってからという言葉が。

視野を拡大することが何よりも大切ということです。
地方はこのままでは衰退していく一方になってしまう。
TPPを知らなければ、高知の生産業である農業の復興に貢献できないでしょう。
しかし、知っていればチャンスにできるかも知れない。
世界の中の日本、日本の中の高知という視点で見ることが大切で、
どんな小さなことも世界経済の動向と繋がっているのです。

レーサーとしてのスポンサー確保のためには、
世界経済を熟知することが大切だと考えてきた、太田校長だからこその視野だと思いました。

私自身考えたのですが、点でやっていた作業を、
実は関係ないと思っていた点と結ぶことで、
新たな道ができるかも知れません。

今の環境でやっていければ良いと考える人では、環境が崩れた時に対応できない。

成功者への道は、
安全な企業に入ること、その中で身を固めて縮こまることではなく、
自分にリスクが降りかかった時、振り払って耐えうる力を持つ者という言葉がありました。
大企業だから潰れないなんてことはありません。
潰れてそこから何もできない人は、成功者とは呼べません。

将来必ず何か環境の変化が起きる、という意識を持ち、
何があっても大丈夫な能力や知識を持つ人になっておく。

そんな人に私もインターンを通じて近づきたいです。

高知大学の方々もありがとうございました。

四国行ったことないので行きたいですね笑

66470eef d7a5 4384 8e7a dc49f0c89730

Page top icon