1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

“2017 Premier’s NSW Export Awards”
【星野リゾート】 オセアニア市場を中心に年間マーケティング戦略策定から実施までをワンストップで担当。
doq®は2009年シドニーで設立されたクロスカルチャーマーケティングに特化した広告代理店です。2016年4月に初の海外拠点doq Japan株式会社を東京東日本橋に設立、また昨年の7月には、デジタルマーケティングに特化した新会社d.doq Pty Ltdをシドニーに設立しました。経営陣は大手外資系エージェンシー出身、スタッフの多くが複数の国と地域での就学就業経験を持ち、ビジネスネットワークはアジアパシフィックを中心に世界中に広がり、まさに「世界一小さなグローバル総合広告代理店(a micro global agency)」です。クライアントのマーケティング課題の抽出から戦略・マーケティングプランの立案、それを軸にしたクリエイティブ開発からWEBプラットフォームの構築からメディアバイイングやデジタル広告やSNS運用、イベントの実行までをdoqグループ各社の強みを生かしてワンストップで提供しています。設立以来、日本政府機関や地方自治体、日系企業の海外展開やインバウド事業に対してマーケティングのソリューションを提供してきました。特にJNTO(日本政府観光局)、地方自治体観光課、星野リゾートなどのツーリズム領域、農林水産省などの食関連領域、日本映画祭などの文化事業領域において多数の実績を上げています。そして昨年、オーストラリア商工会議所などが主催している、国際的な事業展開を行っている企業を対象に行う“2017 Premier’s NSW Export Awards”にてビジネスサービス部門のNSW週の優良企業5社の1つとして選ばれました。

なぜやるのか

2014年クロスカルチャーマーケティングエキスパートとして TEDxTitechに登壇したdoq創業者作野善教
シドニーオフィスにて 右より doq Japan代表 矢村 功、doq創業者 作野善教 、d.doq Pty Ltd代表取締役 金田 竜一、
グローバル化と、テクノロジーの進化により私たちの生活や企業活動を取り巻く環境は大きく変わりました。これらの変化はあらゆる(地理的、文化的、宗教的、価値観的)境界線をメルトダウンさせ、世の中はより複雑で多様なものへと変貌を遂げています。インバウンド、海外進出、多言語対応WEBプラットフォーム構築などグローバル化の波は国家や大企業だけでなく、街の商店街にまで押し寄せてきています。「外国人観光客をどのように取り込むのか?」「異なる文化背景の消費者にどのように商品やサービスを浸透させるのか?」国や文化を超えたマーケティングの重要性は年々高まってきています。

どうやっているのか

様々なバックグラウンドを持ったスタッフが一つのチームとして働く時、お互いの文化への「興味」と「敬意]が不可欠です。
世界中どこにいても常にOn-Line、サプライズバースデーも常にSkype中継
doqはシドニー、東京を合わせても15人程度の小さな会社です。しかしスタッフ全員が世界中様々な国と地域での就学就業の経験を持ち、そのバックグラウンドも、メディア・広告代理店から法律事務所やメガネ屋まで国も業界も多岐にわたります。社内のコミュニケーションも日本語と英語がミックスされ、まさにdoqという会社自体がクロスカルチャーを体現していると言えます。また現在、シドニー・東京と2つのオフィスがありますが、組織図は1つしかありません。また、d.doqはノマド勤務を導入しており就業場所を規定しておらず、スタッフも東京・シドニーオフィスに散らばっています。多くのプロジェクトは各社混合のスタッフィングでアサインされます。skypeやslack 、Dropbox、を活用することで、常にリアルタイムでシームレスに連携しながらプロジェクトを進行しています。また社内だけでなく欧米や日本、アジア各国のパートナー企業と連携するケースが非常に多く発生します。このような物理的にも文化的にも距離があるクロスカルチャーチームで仕事をする上で、我々は異なる価値観をリスペクトする姿勢、プロジェクトの目的と自分に課せられたミッションにコミットする姿勢、お互いをサポートする姿勢、どんなことにも興味を持つ姿勢を大切にしています。