Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

なにをやっているのか

インスタグラムジャパンのカンファレンスにて自身でデザインしたオリジナルのトートバッグを製作し、その日のお土産に。
YR LIVEのスクリーンを通じてTシャツをデザイン
ブランドとユーザーのエンゲージメントを高めるための体験創りをYR LIVE(ユア・ライブ)という世界で使われているライブプリントサービスを通して行っております。 ユーザーへ創造的なデザイン体験を提供し、本当に欲しいものを自らクリエイションできるテクノロジーで、ブランドとユーザーの壁を取払い今までになかったコミュニケーションを実現します。 「オーダーメイド」というファッションの本来的な存在価値をテクノロジーで「ユーザーメイド」へアップデート。デザイン面での多様なパーソナライズで人々に愛着のある製品を提供します。

なぜやるのか

表参道のラルフローレンへ常設
それぞれ自身でデザインしたTシャツを着て
かつては、あらゆるものはDIYやオーダーメイドが当たり前で、人は生活の中で使うモノや衣服は個人にあわせてつくられていました。職人につくってもらうだけでなく、DIYが当たり前で、極めて多様性とパーソナリティが高い社会でした。 それが今、世界は売れない既製品だらけ " 大量生産・大量消費・大量廃棄 " あらゆるものが生産され続け価格競争になり、 そして、その既製品の多くは売れ残り、ゴミとして大量廃棄されて大きな社会問題となっています。 ※アパレルの年間廃棄量:100万t・30億点以上 ※供給と廃棄の比率は4:3(※経済産業省調べ) 今ではファストファッションがマス化し、使い捨てが当たり前になっています。 フリマアプリによっていならくなったものはリサイクルされ、新品はますます売れなくなっていく・・・これは一見、サスティナブルなようで大量生産・廃棄の本質的な問題は何も解決されていません。 そんな中で YRが実現したいのは「誰もが、自ら思い描いたものをすぐに出力できる世界」。 個性や創造性は、まだまだ解放できるはずです。 “ すべての製品を、パーソナルグッドへ。 ”

どうやっているのか

数多くのコラボレーション実績
YR LIVEは2013年にロンドンでサービスをローンチ以降、数多くのブランドや企業とコラボレーションをしグローバル実績は既に4,000件を超えています。 2017年11月にアジア初の拠点をTOKYOとして日本法人を設立し、国内において新たなる取引先開拓を含め、新規事業開発など積極的な事業展開を推し進めています。 ブランドのクリエイティビティ(デザイン・パターン・マテリアル)とユーザーの感性によって、多様なアイデンティティを持ったアイテムを生み出す共創センスウェア「YR LIVE」があることで、「生産工場×デザインスタジオ×ショップ」が一体化し、ブランドとユーザーが共創してプロダクトを生み出すことが可能になります。 現在は営業・エンジニア・イベントマネージャー・バックオフィス等で約10名ほどの組織です。 年齢も前職も様々ですが、サービスに愛着があり、ベンチャーで活躍し成長したい、 という意欲のあるメンバーで構成されています。 インターン、正社員など雇用形態に関わらずフラットで自由度の高い組織なので、担当業務を超えた意見がいつも飛び交い、業務間の壁もありません。 チームメンバー1人ひとりが自分の意志を示し、尊重し合いながらチームとしてアウトプットを最大化できる、強く楽しい組織でありたいと思っています。 オフィスは2019年1月にオープンした新築で、南青山骨董通り沿いなのでアクセスも便利です!!

Page top icon