1
/
5

【インターン】アフターコロナを生き抜く人材に。未経験から営業の世界に飛び込んだ女子大生にインタビュー

みなさんは「営業」という職業に対してどんなイメージを持っていますか?

おそらく、学生にとっては特に敷居が高く感じられるのではないでしょうか。
しかし学生時代のうちから営業の世界に飛び込み、そのスキルを身に付けることによって、将来の選択肢の幅が大きく違ってきます。

今回は、現在TOMAPで未経験から営業の世界に飛び込み、バリバリ活躍している女子大生二人にインタビューしました!
ITベンチャーのインターンに興味がある方、興味がありながらも一歩踏み出せない方必見です。

最後までご覧ください!


ーまずは、自己紹介をお願い致します!

白井(写真左):東洋大学3年の白井奏(しらいかな)です。経済学部にて、行動経済学を専攻して学んでいます。TOMAPでは、web制作事業の営業を担当しています。本日はよろしくお願いします!

新井(写真右);立教大学2年、理学部物理学科の新井優希(あらいゆうき)です。白井さんと同じく、 web制作事業の営業を担当しています。本日はよろしくお願いします!


ーありがとうございます!早速ですが、お二人がインターンをやりたいと思ったきっかけを教えていただけますか?

白井:twitterで自分の想いについて発信した際に、TOMAPのマネージャーの方に声をかけて頂いたことがきっかけです。私は大学2年生の時から起業をしたいと思っているので、今後就職活動をする予定もなく、当時インターンも全く探していませんでした。しかし、TOMAPの方に声を掛けていただき色々お話しする中で、「起業において営業スキルは必要不可欠」ということを実感し、営業力向上のためにインターンをやっています。

新井:私の場合は、学生生活を漠然と送っている中で「今の自分には何もないな」と感じたことが大きいです。そんな自分に不安を感じていたことと、今後就職活動をする時に、行きたいと思った企業に行けるような状態にしたいと思ったんですよね。そのためには、何か1つ自分に自信を持って、「これができます!」と言えるようなスキルが必要だと感じました。私は人と話すことや相手の価値観を理解することが好きなので、それらを仕事とする営業を極めたいと思い、インターンを志望しました。


TOMAPが掲げる世界観への共感と、社長直下で学べる環境

ー営業力の向上以外に、TOMAPの何に惹かれて入社を決めたのでしょうか?

白井:それはもう、何時間でも語れます!

ー愛が強いですね(笑)では白井さんからお願いします。

白井:前述しましたが、私はTOMAPの方に声を掛けていただくまでインターンをやろうとは全く思っていませんでした。私は元々社会問題の解決にとても興味があることから、もしやるとしてもNPO法人で経験を積みたいと思っていた。なので、TOMAPのようなIT企業には特に目を向けていませんでしたね(笑)

ーなるほど(笑)では入社の決め手は何だったのでしょうか?

白井:決め手は、TOMAPの「すべての人に選択の自由を」というミッションに対する共感です。このミッションは、私が将来実現したい世界観と全く同じでした。私自身、「誰もが挑戦し続けられる世界を創ること」を自分が起業する時のミッションにと思っています。自分が今後起業という手段を選んで実現したい世界観と、同じ目標を掲げているTOMAPで何かを成し遂げたいと思い、入社を決めました。…長くなるので、とりあえずここらへんで。(笑)

ー白井さんは面接中に泣いてしまったとお伺いしましたが、何があったんでしょうか?(笑)

白井:バレていました?(笑)私は面接というものがすごく苦手で、緊張して自分の想いを上手く伝えられないんですよね。その分心の中の本当の想いを伝えようとすると、涙が出てきてしまうんです。そんな不安定な状態で面接していただいたのですが、見放すことなく真摯に私のお話しを聞いてくださいました。


ー素敵なエピソードですね。それでは、新井さんも、TOMAP入社の決め手を教えてください!

新井:営業を極めたいという想い以外には、「IT企業」「ベンチャーでの長期インターン」「成長環境」の3つの軸で企業を探していました。IT企業である理由は、ただかっこいいと思ったからです(笑)
ベンチャーにこだわった理由としては、社長直下で営業を学べるということ、そしてインターンという立場でも会社の一員であるということをしっかりと実感できるような環境がいいと思っていたんですよ。また、やるならとことん極めるために、短期ではなく長期でインターンができる会社にこだわっていました。

ー成長環境に関しては、TOMAPの何に惹かれたんでしょうか?

新井:トムさん(社長)と面接したときに、その人柄や想いに惹かれたことはもちろんですが、「営業はけっこうきつい」ということを包み隠さず話して頂いたことも大きく関係しています。そういうことを言われると逆に燃えますし、「やってやるぞ!」という気持ちになりました(笑)
私はとても負けず嫌いな人間なので、そういう環境に身を置くことで圧倒的に成長したいと思いましたね。
あと、企業の良い面を見せるだけでなく、きちんと厳しい面もしっかり伝えてくれるその「透明性」にも惹かれました。

ー実際に入社してみて、ギャップはなかったですか?

新井:全くなかったですね。それこそ入社前に、営業において大変なことも包み隠さず教えていただいたので、覚悟はできていましたし、その分やりがいも大きいです。営業に関して未経験の入社だったのですが、マネージャーの方のフォロー体制やフィードバックもしっかりしているので、とても満足しています!

白井:私もないです!やはり仕事なので、大変なことももちろんありますが、その分お客様の喜びを感じたときとか、成果を上げれた時は本当に嬉しいですね。


愛・挑戦・優秀

ーありがとうございます。実際に働いてみて、TOMAPにはどんな人が多いと思いますか?

新井:とにかく、メンバー1人ひとりに真剣に向き合ってくれる人ばかりです!
自分の悩みや困っていることを相談をしたら、一方的にアドバイスをするのではなく、「どうすれば解決できるか」を、親身になって一緒に考えてくれます。
また、私の成長に繋がるように、甘い言葉ばかりではなく、必要に応じて厳しい言葉もしっかりと伝えてくれるんです。それが私にとってすごくありがたいですし、学生のうちからそのような環境に身を置けることにとても感謝しています。

白井:それはすごく共感します!メンバーに対する愛はもちろん、お客様に対しても愛も持って接している人ばかりだなということは、常日頃から実感しています。
それに、ストイックな人がすごく多いですね。自分に厳しく、成長を貪欲に求めている人たちばかりなので、自分ももっと頑張ろうと思うことができます。

新井:あと、いい意味でオンオフがしっかりしているメンバーが多いですね。それは裏表があるということではなく、「やる時はやる、遊ぶときは全力で遊ぶ」という意味です!仕事に対しての熱量はみなさん高いので、仕事をしている時は全力でお客様や仲間と向き合い行動しますし、休日や仕事終わりはみんなで飲みやダーツに行ったりして全力で遊びます!

ー素敵な環境ですね!それでは最後に、これからどういう人と一緒に働きたいですか?

白井:TOMAPのバリューである愛・挑戦・優秀の3つに当てはまることは大前提ですね。自分に限界をつくらず猛進し続け、かつ、相手の幸せにコミットできるような愛のある人と一緒に働きたいです。
逆に、そのマインドさえあれば、TOMAPのインターンに年齢も性別も全く関係ないです!実際に私たち女子もとても働きやすい環境ですし、大学1年生からゴリゴリ成果を出しているインターン生もいます。

新井:確かに、バリューに当てはまることは必須条件ですね!プラスして、「責任感」のある人と一緒に働きたいです。実際にTOMAPには自分の仕事に対して責任と誇りを持っている人達ばかりなので、そういう仲間が増えたら嬉しいです!


「愛・挑戦、優秀」のバリューをもつメンバーのもとで、性別も年齢も関係なく成長できる環境。そんな環境下で営業に挑戦したいという気持ちが少しでもあるのであれば、是非お話しを聞きに来てください!

株式会社TOMAP's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more