Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

営業部↑「デキる営業マン」を表現してみました
制作部↑個性のバランスが絶妙
「話題が始まる場所を創り、ココロをつなげ、日常に彩りを。」 このミッションを胸に私たちトピカが扱っているもの、それは動画です。 動画には「人のココロを動かす」力があります。 動画メディアを通してココロが動き、人がつながります。これの繰り返しで生まれる、寂しさのない世の中、日常に彩りがあふれる世の中…そんな世の中を実現するためにに私たちは日々挑戦し続けています。 具体的には以下のようなプロジェクトを手掛けています。 ①「GOHAN」 「トピカ」と聞いて一番に思い浮かぶのはこれかもしれません。 「男性が料理をすることがあたりまえの世の中」を目指して、創業当初から手掛けてきたのがこの動画メディア「GOHAN」です。現在のSNSの総フォロワーはなんと120万人以上。国内最大級の男性向け料理動画メディアとなっています。11月には料理本も出版する予定です。 Twitter、Instagram、YouTube、Facebook、TikTokのアカウントの運用を中心に行っています。 「早い、安い、旨い」を追求し、ダイナミックで心を動かすような動画の配信を行っています。 動画の配信だけでなく、アンケート調査や記事タイアップなども実施しています。   ②「TOPICA WORKS」 この部門で行っているのは、主に他の企業のSNSアカウント等の運用代行です。 「戦略・マーケティング→企画・構成→作成・編集→広告立案→ABテスト→コンサル」という一連の流れの全てのステージにおいてトピカは活躍しています。 特徴的なのが自社独自のソーシャルメディア、運用分析ツールです。共同経営者が元ソーシャルゲームのプロジェクトメンバーであり、エンジニアであるという強みを生かして、データドリブンでの制作・運営を行っています。 アカウント運用代行のほかにも、動画SEO対策やキャンペーン連動型広告運用、インフルエンサーなど新しいことにどんどん挑戦して、事業を展開しています。 ③「新規事業」 なんと!!GOHANのイメージの強かったトピカですが、2019年10月新規事業に着手しました! 新しく開始した新規事業は2つです。 1つ目はソーシャルメディアのマーケティング知識をより世の中へ普及するために、「Socialmedia Marketing Academy」、通称「SMA」です。 近年、マーケティングツールとしてSNSを利用する企業が増加しています。そこでトピカでは、このような企業に向けてアカデミーを開校する予定です。企業のSNS担当者へ向けて、SNS運用の基礎から体系的に学べるカリキュラムを用意します。 2つ目はビデオリクルーティングサービス。 動画を使った採用サービスで、採用側が作った動画をトピカが提供するプラットフォームを通じて配信します。転職の潜在層に届けたい情報届けるために、アドテクノロジーを駆使してココロを動かす動画づくり・配信を行う予定です。 手探りながらも新しいことに果敢に挑戦するトピカだからこそ、日々新たな気づきに出会い、学びを得ることができると考えています。 疑問を持ち、興味が湧き、熱をもって取り組んだ時にこそ人は成長を遂げるものです。新規事業を通して、トピカの仲間たちはこれからもドンドン成長します!!

なぜやるのか

未来を見つめる麓社長。この写真はキメキメだけど本当はお茶目でとってもフレンドリー。
共同経営者かつエンジニアの太田さん。優しくて頼りになる、運営の父親的存在なのに、たまにいじられる。
【ミッション】 「話題が始まる場所を創り、ココロをつなげ、日常に彩りを。」 「世の中から知らないことをなくしたい。」こんな想いから株式会社トピカは始まりました。 日本から遠く離れた国には、絶えない紛争や貧困で苦しんでいる人々がいます。そしてこの現実を知っているようで知らない日本人が数多く存在します。その様な人々がこの世界の実情を本当の意味で知ったとき、その人々のココロはどう動くでしょうか? この、ココロが動く体験をしたのが創業者の2人でした。 紛争や貧困のような大きな問題は扱いきれないかもしれない。でも、せめて世の中から知らないことをなくしたい。共通の話題を提供することによって、世の中から寂しさをなくしたい。 こうしてこのミッションは生まれました。 私たちは、「ソーシャルメディア」と「動画」の力で話題が始まる場所を作り、提供するコンテンツに触れるユーザ様のココロの琴線を震わせ、日常の生活に「驚き」と「気づき」を彩っていきます。 【バリュー】 ◆大胆、そして本質的に ◆自分を退屈させるな ◆尊敬し、親しみの心を持つ ◆大胆、そして本質的に 起業当初は某百貨店に社長の麓さんと共同経営者の太田さんが直接出向いて、販売員やお客さんに突撃インタビューをしたことも。残念ながらこれは失敗に終わりましたが、目まぐるしく変わる市場環境だからこそ大胆に挑戦し、本質的な考えのもと、数多くの失敗から新たな機会を創出します。 ◆自分を退屈させるな せっかくベンチャー企業で働くのだから、毎日同じ業務の繰り返しではつまらない!昨日と同じことをせず、日々新しいことを考え、そして学び、ワクワクするような仕事をしていきます。 ◆尊敬し、親しみの心を持つ トピカ社員が考える、トピカのいいところは、上下関係などによる壁がないこと。一人では達成できないミッションを、個々の力と考えを合わせ、最大限のパフォーマンスを発揮し達成していきます。 この想いに共感した!自分も思っていた!挑戦したい!と心の底から思った方、ぜひお会いしましょう。 トピカの仲間はほとんどが麓社長と喫茶店でお茶して入社を決めています。まずはフレンドリーな麓社長と気軽に話をしてみませんか?

どうやっているのか

どうしても家族の集合写真みたいになっちゃう運営部
ゆるふわ系の職場です✌
営業・制作・運営の3つの部署からプロジェクトチームを構成していることもあり、各部署との連携が必須になってきます。 トピカは、まだまだ小さい会社ですので、二足の草鞋を履いていただくことになります。 なので、動画制作の案件は、営業-制作で商談。広告運用の案件は、営業-運営で商談。 アカウント運用のキックオフは、営業・制作・運営で商談。 営業は、メディアの理解はもちろんのこと、制作の考え方スキルを持つことも必要。 制作は、ただ動画を制作するだけでなく、企業のマーケティング戦略に合わせたクリエイティブ設計や、アナリティクスを用いた数値分析も行う。 運営は、分析をして行く中で、更にいい施策を見出しクライアント様にご提案する営業。 僕らは、一つの業種だけでは、収まらないです。 なので、もちろんたくさん勉強が必要ですし、他部署とのコミュニケーションも必要。 でも、クライアント様のために成果を残したい。もっと言えば、クライアント様のユーザーの日常に彩りを提供したい。 そういう気持ちを持って取り組んでいます。 私たちの会社には、20代~30代で勝負したいメンバーと2人のやる気に満ちたインターン生しかいない状況です。世の中で見たときに、隣の席の人はライバルかもしれません。ただ、お客様のために切磋琢磨した環境を常に作り続けたいと考えております。