1
/
5

【公開しました】TRUSTDOCKのCEO千葉孝浩による人・組織・採用の解説インタビュー

CEOの千葉孝浩が「TRUSTDOCKの人・組織・採用」を解説しました。

TRUSTDOCKが創業するまでの千葉の「打席に立ち続けたキャリア」や、eKYCというセキュリティが重要なビジネスドメインで活躍しやすいセールス、エンジニアの特徴まで話しています。

【詳細はこちら】
「お財布に身分証がいらないデジタルアイデンティティの世界」をテクノロジーの力で実現する~株式会社TRUSTDOCK・CEO千葉孝浩が描く未来~(後編/人・組織・採用編)

https://biz.trustdock.io/hr-magazine/2020-ceo-chiba-vision2

【コンテンツ】
(1)打席に立ち続けたことで、企業経営の質は上がっていった
(2)セールスは、法律と技術の橋渡し役となる
(3)エンジニアは半歩先の未来を見据えて、社会インフラをつくる
(4)ライフステージや性別を問わず、活躍し続ける組織をつくる

【話し手】

               株式会社TRUSTDOCK CEO 千葉孝浩

前身の株式会社ガイアックスでR&D「シェアリングエコノミー×ブロックチェーン」でのデジタルID研究の結果を基に、日本初のe-KYC/本人確認API「TRUSTDOCK」を事業展開、そして専業会社として独立。シェアリングエコノミー等のCtoC取引に、買取アプリ等の古物商、そして送金や融資、仮想通貨等のフィンテックの口座開設まで、あらゆる法律に準拠したKYC/本人確認をAPI連携のみで実現。様々な事業者を横断した、デジタル社会の個人認証基盤、日本版デジタルアイデンティティの確立を目指す。

株式会社TRUSTDOCKでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう