1
/
5

「誰よりも人に寄り添い、感動する場を生み出していきたい」 #この度ツクルバに入社しました

ツクルバでは、ユニークで多様なバックグラウンドを持つ、多彩なメンバーが続々と仲間入りしています。「#この度ツクルバに入社しました」シリーズでは、 そんなNew Memberそれぞれのストーリーを紹介し、社内外に発信していきます!
今回は、2018年11月にカウカモ事業部に加わった杉澤をご紹介します。

杉澤佐知子
1993年生まれ。東京都新宿区出身。
大学時代に住環境デザインについて学び、“誰よりも人に寄り添い感動する場を生み出していきたい”という想いから、まずは顧客視点に立ち自分の価値観の幅を広げるために、インテリアショップで家具の営業販売・店内装飾など様々な業務を経験。その後、住まいの新たな選択肢をもっと身近にし、人の住まいに対する思いの価値を高めていきたいと思い、2018年11月、カウカモ事業部エージェントとして入社。

なぜツクルバに?

人に感動を与える空間づくりに携わりたいという思いがあり、それを実現するにはまず人が望む空間とはどんなものなのか、自分が持つ価値観やニーズを捉えられる幅を広げなければならないという考えに至り、前職ではインテリアショップで一般のお客様へ住環境におけるインテリアの提案をする家具の営業販売をしていました。お客様の声を一番近くで聞くことが出来る仕事であり、その中で“誰よりもお客様に寄り添う人になる”という思いを軸に仕事をしてきました。

そんな中、あるお客様との出会いでリノベーションへの興味が一気に湧きました。結婚をして初めて借りた決して広いとは言えない部屋、子育て経て様々な思いを積み重ねて来た住まいに愛着を持ち、新たな場所へ引っ越すという選択肢ではなく、好きな壁・床・金額関係なく本当に気に入った家具など、自分の好きにお金をかけ、今までの思いと共に生活をしていくことを選んだお客様でした。そんな選択肢に感動し、この選択肢も世の中の当たり前にしたいという思いが強くなりました。

採用選考の中でたくさんのメンバーとお話しさせていただきましたが、様々な想いを持ちながらも向いている方向は一つで、私が大切にしていた軸をそのまま生かすことができ、想いを応援してくれたこの会社で是非挑戦してみたい!と前のめりになる思いが湧いたので入社を決めました。

ツクルバでのミッションは?

未経験の業種なので、まずは目の前のお客様の力になれる、プロと呼ばれるくらいの知識武装に今までにないほど力を入れていかなければならないと思います。

その上でお客様のイメージする住まいの想像に寄り添いながら、一緒に想像を現実に作り上げていくお手伝いができ、それが形になったときの感動を提供出来るようになるのが最初の目標です。
未経験だからこそ、“お客様の初めて”にとことん寄り添い、もっとリノベーション物件を身近にしていくお手伝いができればいいなと思っています。

一方で、その経験から、リノベーションでの場づくりを通して人の思いの価値を高め、その思いで住まいを選ぶという選択肢が当たり前になるように、何かを仕掛けていく側にも挑戦していきたいです!

名刺に描いた、あなたの「発明したい場」は?

新卒で働き始めて、インテリアに囲まれる毎日を送るようになってから、最初に一目惚れしたソファ。

“こんな出会いを手助けする仕事が出来るんだ”“自分の個性はこうゆうものだったんだ”色んな発見をさせてくれたきっかけでした。そのトキメキと、初心・今までの経験を忘れないように。

また自分の好きに囲まれる生活へ導きたい。その思いを現実にするための意思表明も込めて、このデザインにしました。


※ツクルバでは、「発明したい場」をテーマに名刺裏面のイラストを各々が描いており、個性豊かなメンバーのそれぞれの想いが垣間見えるものになっています。
ツクルバのメンバーと名刺交換した際は、ぜひ裏面にも注目してみてください!


\私たちと一緒に働きませんか?/
募集中の職種やお仕事の詳細はそれぞれの募集記事をご覧ください!

株式会社ツクルバでは一緒に働く仲間を募集しています
17 いいね!
17 いいね!
今週のランキング